日本:ほろ酔い警察官が400人の書類を紛失した時

日本の警察官の忙しい夜の終わり。 西日本の都市、兵庫県の警察によると、ほろ酔いの警察官が路上で眠りに落ち、目を覚ますと、彼は数百の調査文書を紛失していた. これらには、犯罪捜査の容疑者を含む約 400 人の個人情報が含まれていました。

地元の警察官がAFPに提供した最初の情報によると、警官は49歳で、8月13日金曜日の午後11時から翌日の午前5時までの間に、機密書類が入ったバッグを紛失した可能性がある. 国営テレビなど日本のメディアによると、 日本放送協会警察官は、警察本部の生活経済部に所属している必要があります。 警察筋は、紛失した文書には犯罪捜査に関与した人々の名前と住所が含まれていたと述べていますが、詳細は明らかにしていません。

「今週初めに県警本部に行く予定だったので、その場で書類を持っていきました」、警察官は、この失態の調査の一環として、公聴会で自分自身を弁護したでしょう. 警察官を引用した日本のメディアの情報によると、問題の警官は同僚と飲みに出かけた。 ジャパンタイムズによると、警官はビールとブランデーを7杯飲んだ 焼酎 (アルコール度数20~45%の飲み物)。 彼は家に帰る前に通りで眠りに落ちたと言われています。

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です