日本:オリンピックの3週間前にワクチンが不足している

2021年7月2日14:49に投稿

時計が時を刻んでいる。 東京オリンピックまであと3週間で、日本では抗コビッドワクチンを見つけるのが難しくなっています。 一部のコミュニティは、中央政府からの線量の取得が困難なためにスケジュールを閉じており、全国的な予防接種キャンペーンの進捗に疑問を投げかけています。

日本で二番目に大きい大都市圏である大阪は、政府の配達が見えないため、7月12日から最初のワクチン投与の予約を一時停止する、と市長は語った。 首都の東にある千葉市は、本日より予約を取りやめることを発表しました。 時事通信社の報道によると、他の地域でも、65歳未満の人々への予防接種を開始する計画の再スケジュールや延期が停止されています。

日本では、日本の予防接種キャンペーンは、ここ数週間の遅いスタートの後、勢いを増しています。 しかし、オリンピックの前に少なくとも人口の大部分に予防接種をするという目標は、長い目で見たものではなく、見逃されています。

この減速は菅政権に圧力をかけた。 首相は、コビッドの事件が首都で急増しているので、実際にこれらのゲームを続けようとしています。 彼はまた、彼らが最終的に密室で組織されることを除外しませんでした。 東京2020組織委員会の委員長は、主催者は、イベント中に「いかなる犠牲を払っても」観客を許可するつもりはないのと同じ意見であると述べた。

G7の愚か者

「不足よりも流通不足の問題だ」と、現在福島県北部の相馬で免疫化を監督している元世界保健機関の顧問は述べた。 キンジ渋谷によると、市は約34,000人の住民に十分な投与量を確保しており、7月中旬までに注射を完了する予定です。

日本は主にファイザー/バイオエヌテックの血清を使用しています。 ニーズを判断し、中央政府に要請するのは市町村です。 後者はすべての缶を保持し、配布を整理します。 6月、日本は数日間連続して100万回以上の注射を行うことができました。 しかし、完全にワクチン接種されているのは人口の12%のみです。これは、G7諸国で最悪の結果であり、国によって人口の31%から50%の間で割合が異なります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。