日本:天文学的な金額で競売にかけられたマグロ

豊洲魚市場での今年の最初のオークションで支払われた金額は、パンデミックが需要に影響を与え続けたため、3年連続で減少しました。 しかし、その合計は依然として印象的です。東京でのこの伝統的な新年のセールでは、211kgのマグロが129,000ユーロで販売されました。 そのため、水曜日にレストラン経営者と卸売業者が共同で巨大なクロマグロに支払った1690万円は、切望されていた魚が3億3300万円以上持ち去られた2019年の記録を大きく下回った。

豊洲市場での今年の最初のオークションは、毎年多くの魚の卸売業者やレストラン経営者を魅了する、日本で評判の高い伝統です。 入札者は、最も高価なマグロを手に入れるために大金を払うことがあります。これは幸運と見なされ、購入者の周りに多くの宣伝を生み出します。 水曜日に購入したマグロは、その品質で知られる北日本の青森地方で漁獲され、ミシュランの星を獲得した寿司レストランの小野寺グループと日本の卸売業者の山雪に売却されました。

数時間後、受賞歴のある魚は東京の高級な表参道地区にある小野寺経営のレストランに配達され、公にスライスされて切り身にされました。 「私は、有望と思われる最も高価なマグロを確保し、パンデミックによって世界が傷つき続けているにもかかわらず、顧客に少し先の年を明るくするためにそれを提供することを望んでオークションに参加しました」とシェフの坂上明文シェフはAFPに語った。

最も高価なマグロは、日本国内だけでなく、ハワイ、ニューヨーク、ロサンゼルスなどの同社の海外レストランでも提供されると彼は付け加えた。 東京の高級レストランの前に寿司愛好家が集まり、切望された魚を待ちました。 「私はマグロが大好きです」と、78歳の川端淳子は、彼女が最初に出される顧客であることを示す番号付きのチケットを誇らしげに表示しました。 「これを食べるのが待ちきれません。」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です