日本:岸田首相は防衛努力を強化する意向をますます支持している

岸田文雄首相の「大幅な増額」の公約に対する支持は、今夏の総選挙に先立ち、与党と野党の両方で拡大している、と政府は示唆している。 ジャパンタイムズ

最近のメディアの世論調査では、ロシアのウクライナ侵攻後の地域の安全保障環境への懸念を反映して、日本人の大多数が軍事費の増加を喜んで受け入れることも示されています。

岸田氏は、最近東京で開かれたジョー・バイデン米大統領との会談で、国防費を増やすという政権の計画を発表し、米国大統領の支持を得た。

自民党(LDP)はすでに国防費の大幅な増額を提案しており、加盟国が国内総生産の2%に相当する国防予算を割り当てるというNATOの要件に言及しながら、5年以内に日本の国防能力を大幅に引き上げることを求めている。製品保証製品。

5月下旬、PLDの安全保障研究委員会の小野寺五典委員長はNHK TVの番組で、現在の予算は十分な弾薬と燃料を保証するには不十分であり、研究と防衛の開発も資金不足であると述べた。

部品不足

日本の防衛担当前大臣である小野寺氏も、戦闘機用のスペアパーツの不足が運用上の問題を引き起こしていると指摘した。

中国の軍用機の日本の空域への侵入が長年にわたって増加していることを考えると、深刻な問題があります。

野党の主要党である立憲民主党(PDC)も、必要な技能を身につけるために国防費を増やす必要性について前向きに語った。

防衛費の増加の問題 「」 問題ありません 参議院選挙では、PDCの泉健太首相が記者団に語った。 しかし、それぞれの増加の大きさについて、和泉首相は、自民党とは異なり、数値目標を拒否し、「本当に必要なもの」に応じて国防費を増やすべきだと強調した。

人民民主党のリーダーである玉木雄一郎も同様のスタンスを提案した。 予算増額の「内容を議論することが重要だ」と述べた。

一方、維新の会は、国防費のGDPの2%を目標とする参議院選挙の綱領を起草した。

日本共産党は、他の野党とともに、国防費の増加に反対している。

PLDのジュニア連立パートナーである公明党も、国防予算の強化を支持すると述べたが、増加の規模については依然として分かれている。

「大幅な増加を推し進めるしかない」と公明党の北側一雄議員は語った。

大幅な増加は正当化されますか?

すでに書いたように、国防予算をGDPの2%に増やすことは、日本の平和主義憲法の精神と1976年以来GDPの1%を超えないという基準に違反しています。 予算がそれに触れたとしても、このしきい値は非常に長い間超えられませんでした。 最近はそれを上回っていますが、2%からはまだ遠いです。

意見や政党の進化は、非常に懸念されている国際環境によって説明することができます。 ウクライナとロシアの侵略に加えて、中国と北朝鮮の脅威が高まっています。 平壌は、日本の近くで定期的にテストしている弾道兵器を「改善」し続けています。 主な脅威である中国は、特に海軍において、防衛努力を遅らせているようには見えません。 その証として、中国は5月31日、艦隊のために新しい大型自律船の建造を開始したと報告されています。 グローバルタイムs。 高速で移動し、乗組員なしで任務を遂行できるフォイルトリマランになります。 船の種類とそれが実行しなければならない操作についての情報は発表されていません。 それはによって構築されます 中国国家造船株式会社 (CSSC)、記録的な長さ88.5mの最初の自律型ドローンキャリアを完成させました。

そして北京は太平洋での影響力を拡大したくない。 海軍に関する情報の定期的な監視であるCESMのAmersとして、次のように説明します。 「」 中国の外相は最近、トンガといくつかの二国間協力協定に署名した。 これらの協定は、水産業や自然災害救援を含む幅広い分野を対象としています。 大臣は現在、この地域の島嶼国との二国間協定を締結することを目的とした南太平洋の10日間の外交ツアーに参加しています。 彼はすでにソロモン諸島、キリバス、サモア、フィジーに旅行しており、現在はバヌアツ、パプアニューギニア、東ティモールに旅行する予定です。

北京は、太平洋とインド洋にある民間海軍と軍事海軍の潜在的な基地のネットワークを拡大しようとしています。

これを受けて、東京は事実上の空母(F35BステルスVTOL戦闘機を装備)、いずも型護衛艦、およびさまざまな駆逐艦を配備し、トンガ、フィジー、ソロモンの島々を含むこの地域の12か国を訪問します…抑止目的のためにも、保守的な新聞は言います 読売新聞

東京は(特に海軍演習と軍事協力を通じて)同盟を強化し、防衛努力を強化する以外に選択肢はほとんどないように思われる。 しかし、軍拡競争は決して良い効果を生み出さないため、このゲームは危険な場合があります。 装備の整った軍隊がより抑止力になるのであれば、東京はそこで立ち止まって、紛争を平和的に解決する方法を見つけてはならない。 戦争ではなく、交渉のテーブルだけが最終的に効果的です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です