日本:暴露されたModernaワクチンの用量にはステンレス鋼粒子が含まれていた

日本の抗コビッドワクチンモデルナのバッチで発見された不純物は、分析の結果、金属粒子であることが判明した、とアメリカの会社は水曜日に述べ、この事件が「消費者の安全に過度のリスク」をもたらさないことを保証した。

日本は先週、複数のワクチン接種センターからの報告がワクチンバイアルに異物を発見した後、160万回以上の用量を含むワクチンの3つのバッチの使用を停止すると発表しました。

コルクの取り付けはおそらくオプションです

分析は、問題のバッチの1つでModernaによって実行されました。日本列島でワクチンを輸入および販売している日本の製薬会社武田との共同プレスリリースによると、見つかった粒子は「ステンレス鋼」であることが判明しました。 この問題は、スペインの請負業者であるRoviが所有する生産ラインに起因しています。Roviは、米国以外の市場向けにModernaのワクチンを製造しています。

Roviが実施した調査によると、「最も可能性の高い原因」は、「組み立て不良による、生産ラインのカバーモジュールに取り付けられた2つの金属部品間の摩擦」であるとプレスリリースは説明しています。 プレスリリースによると、これら3つのバッチの缶は、木曜日から市場からリコールされる予定です。 しかし、「ワクチンにステンレス鋼粒子がまれに存在することは、患者の安全に過度のリスクをもたらすことはありません」と彼は保証し、このタイプの金属は食品業界や心臓弁に一般的に使用されています。

「筋肉に注入されたこのサイズの金属粒子は局所的な反応を引き起こす可能性がありますが、注入部位の外で他の深刻な反応を引き起こすとは予想されていません」とModernaとTakedaは書いています。 「これらのバッチで特定された粒子を日本に注入しても、医療リスクが高まるとは予想されていません」と彼らは結論付けています。

2人の死との偶然の関係?

日本の保健省も先週、8月に中断された3つのバッチのうちの1つからワクチンの投与を受けた2人の男性の死因を特定するための調査を開始すると発表しました。

水曜日の2つの会社によると、これらの2つの死がワクチンの投与に関連しているという「証拠はありません」。 「現在、この関係は偶然だと考えられている」と、モデルナと武田はさらに調査を求めて書いている。 日本の地域は、水曜日のプレスリリースに記載されていない他の汚染されたバッチを発見した後、ワクチンの注射を一時停止しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です