日本:資生堂がヨーロッパで美化、野村の新しいWeb3ユニット

資生堂 古い大陸を若返らせます。 1872年創業の日本の化粧品グループが英仏ブランドを引き継ぐ ガリネ、機密のままの金額。 2014 年にフランスのマリー ドラゴ (ロンドンを拠点とする) によって設立され、薬学の博士号を取得したこのブランドは、新興の活気に満ちたセグメントである皮膚マイクロバイオームに焦点を当てた美容製品を開発しています。 主に英国とフランスの市場で、プレバイオティクス、プロバイオティクス、ポストバイオティクス、皮膚マイクロバイオームに栄養を与え強化するバクテリアに基づいた 17 の製品 (クリーム、ローション、セラム、シャンプー、石鹸、栄養補助食品など) を販売しています。 この買収により、日本のグループはこの新進気鋭の化粧品部門に初めて参入することができます。 Gallinée の創設者は、引き続きクリエイティブ ディレクターとしてブランドの活動をリードしていきます。 2021会計年度、東京に拠点を置く日本のグループは、1兆350億円(80億ユーロ)の売上高と1,726億円(13億ユーロ)のEBITDAを報告しました。 時価総額は約 (160 億ユーロ) です。

野村がWeb3専用のコーポレートファンドを設立

日本の銀行グループである野村は、その新しいベンチャーである Laser Digital のベールをはがします。 この新しい事業体を通じて、彼は Laser Venture Capital と呼ばれる新しい企業ファンドも立ち上げました。 チューリッヒに拠点を置く後者は、投資能力がまだ決定されていないため、DeFi プロトコル (分散型金融) やブロックチェーン インフラストラクチャなど、Web3 およびブロックチェーン スペースの企業に投資します。 Laser Digital はまた、機関投資家向けに暗号通貨に焦点を当てたサービスを提供しているとも言われています。 新会社は、それぞれ社長兼 CEO のスティーブン アシュリーとジェズ モヒディーンが率います。 念のために言っておきますが、今年初め、日本の投資銀行は最初のビットコイン先物とオプション商品を発売しました。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です