日本:5月の新車販売の新たな減少

5月の日本の新車販売台数は前年比16.7%減で、水曜日の数字は、中国の封鎖によるサプライチェーンの混乱により、9ヶ月連続で大幅に減少した。

日本自動車販売協会連合会(ジェイダ)によると、先月、国内で販売された新車、トラック、バスの総数は、2021年5月の193,750台から161,354台に増加した。

この減少は、4月(-15%)および3月(-14.8%)よりも大きくなっています。

日本の自動車産業は、特に4月初旬からの上海での中国による封鎖によって悪化し、世界の経済活動に大きな影響を与えたさまざまな供給問題に苦しんでいます。

5月には、ハイエンドのレクサスブランドを含む市場リーダーのトヨタの売上高が日本での自動車販売の52%以上を占めましたが、群​​島では1年で20.4%減少しました。

ルノーの同盟国である日産は減少を抑え(1年間で-4.1%)、日本で2番目に大きいメーカーであるホンダは同期間に6.8%増加した。

日本で非常に人気のある軽自動車の別のセグメントでは、この別のセグメントの日本協会によると、5月に10万台が販売され、1年間で20.3%減少しました。

軽自動車を含めると、5月の日本の自動車販売台数は前年比18.1%減の約261,000台となった。

/ ATS

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。