日本-第1四半期のGDP縮小率は下方修正されました-2022年8月6日07:18

(詳細の追加、タイトルの更新、タイプミスの修正、パラメーター1)

東京、6月8日(ロイター)-コロナウイルスの発生と事業の補充の復活にもかかわらず強い消費が打撃を受け、設​​備投資の減少を部分的に相殺したため、日本経済は第1四半期に当初の予想よりわずかに縮小した。

内閣府が水曜日に発表した国内総生産(GDP)の修正データによると、日本経済は当初1.0%の縮小を発表した後、1月から3月の期間に前年比0.5%縮小した。

日本のGDPは、第1四半期に過去3か月から0.1%減少しました。 最初の見積もりでは、マイナス0.2%が示されました。

景気の減速は、エネルギー価格と商品価格の上昇、円安、サプライチェーンの混乱が続く国の回復の遅れを維持する任務を負っている政策立案者にとって朗報です。

日本のGDPの半分以上を占める個人消費は、今年の最初の3か月で1.0%増加しましたが、5月に発表された見積もりはほとんど変わりませんでした。

信金中央金庫のエコノミスト、角田匠氏は、在庫の増加も成長を支え、自動車メーカーや他の実業家がサプライチェーンの問題に対処する方法を模索している兆候だと述べた。

これは設備投資の0.7%の減少を相殺するのに役立ちましたが、在庫の増加が遅いため、今四半期のGDP成長率の低下を予感させる可能性があります。

GDPは「プラスになるはずですが、回復しているようには感じないはずです」と、第2四半期にコロナウイルスと戦うための中国の厳しい措置のマイナスの影響について警告した角田匠は言いました。

「日本経済はアジアのサプライチェーンに大きく依存しているため、中国による封じ込め措置は比較的大きな影響を与えるだろう」と語った。

内需は、GDPの修正値に合計0.3パーセントポイント貢献しました。 純輸出は、第1四半期のGDP成長率を0.4パーセントポイント低下させました。

GDPの修正は、火曜日に発表された家計支出データが、円の急激な下落と商品価格の上昇がコストを押し上げたため、4月に予想よりも強い縮小を示したことから来ています。

しかし、ムーディーズ・アナリティクスのエコノミスト、ステファン・アングリック氏は、日本経済はまだ森の外ではないと語った。

「ロシアのウクライナ侵攻に関連する混乱と中国に課せられた制限は重大な障害を表している」と彼はメモに書いた。 「供給の混乱は、輸出、生産、そしてますます資本的支出に重くのしかかっています。」

(レポートダニエルロイシンク;フランス語版カミーユレイノー)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です