日本 – 集中豪雨の後、行方不明者 3 人、避難を求めた人 50 万人

[東京 4日 ロイター] – 豪雨が日本北部を襲った後、木曜日に少なくとも3人が行方不明になり、数千人の住民が避難を余儀なくされた。

新潟県の一部で 24 時間で 500 ミリを超える雨が降ったと公共テレビ NHK が報じ、当局は一部の地域で可能な限り最高の警戒レベルを発令した。

テレビの映像は、崩壊した橋と浸水した通りを示していました。 高速線(新幹線)の一部が運休。

消防庁によると、新潟県、石川県、山形県では約50万人が避難を命じられたが、即時の死者は報告されていない。

影響を受けた地域は主に農村部ですが、依然として多くの工場があります。

大手半導体メーカーのルネサス エレクトロニクスは、地元当局が水曜日の夜に大雨警報を発令した後、日本北部の山形にある工場で一時的に操業を停止したが、操業はほぼ通常に戻ったと述べた。 (レポート エレイン ライズ、フランス語版フェデリカ ミレオ、ケイト エントリンガーの声)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。