日本 GP (EL2): ウェット トラックで快適なメルセデス

Aurélie SACCELLI、Media365、2022 年 10 月 7 日金曜日、午前 10:01 に公開

ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、チームメイトのルイス・ハミルトンに先んじて、日本GPの2回目のフリープラクティスセッションでベストタイムを記録しました。 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が3位に入った。

かつて、日本グランプリの 2 回目のフリー走行セッションは、60 分ではなく 90 分続きました。ピレリは、これらの延長された「EL2」を使用して、来シーズンのタイヤ プロトタイプをテストしたいと考えていました。 結局、天候のせいでそうはなりませんでしたが(テストはメキシコGPに延期されました)、セッションはこの長さを維持しました. そして 1 時間半と 23 周を終えた後、金曜日の 2 つのセッションの間に激しい雨が降ったウェットな鈴鹿トラックで、ジョージ ラッセルが最速でした。 メルセデスのドライバーは、最初のセッションでのフェルナンド アロンソのベストタイムよりも 313 千分の 1 速い 1 分 41 秒 935 でラップの 1 つを完了しました。 ラッセルはチームメイトのルイス ハミルトンより 235 千分の 1 差がありましたが、この日曜日に 2 度目のワールド タイトルを獲得する可能性があるマックス フェルスタッペンは、ラッセルから 851 千分の 1 差でデュオからかなり離れていました。

ルクレールは自分のフェラーリに不満

シャルル・ルクレールは、左フロントでフェラーリを批判し、グラベルで数秒過ごしたことさえありましたが、勝者から2.5秒以上遅れて11位に落ち着かなければなりませんでした。 アルピーヌのフェルナンド アロンソは今回 7 位、チームメイトのエステバン オコンは 9 位でしたが、ピエール ガスリーは摩耗したインターミディエイト タイヤ (13 周) を履いており、19 番目と最後の時間はほとんど走行していませんでした。 ミック シューマッハが最初のセッションでハースにダメージを与えてリタイアしなければならなかったため、このセッションに参加したライダーは 19 人だけでした。 土曜日には、3回目のフリープラクティスセッション(フランス時間午前5時)と予選(午前8時)のために太陽が鈴鹿に戻る予定です。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です