日産は、Fuse with TF1 がプロデュースするサウンドとレーザーのショーで、新しい「e-POWER」テクノロジーを発表します。

日産 キャシュカイ e-POWER


日産は、TF1 のユニークなコマーシャルを通じて、ベストセラーのキャシュカイに搭載された独自の e-POWER テクノロジーを発表しました。

ブランドの電動化戦略の重要な要素であるこの新技術を強調するために、日産ユナイテッド、Fuse、TF1 Live、TF1 Factory のチームは、この新しいエンジンと同じくらいユニークな広告コンセプトに取り組みました。

アイデア:ブランドとこの新しいテクノロジーのイメージにおいて、非常に革新的なスポット。 イベント部門で一般的に使用されているボリュメトリック レーザーを使用したショーでは、象徴的なパリのモニュメントがいくつか取り上げられ、TF1 では初めて 60 年代のスポットが登場します。 前例のないゴールデンタイムのメディア キャンペーン。

制作からキャンペーンの増幅まで、ユニークでオーダーメイドのデバイス。 エンジニアリングと美学の間のこのユニークな点は、日産がこの新しいエンジンの開発で参入しようとしている新しい時代を実証しています。 新しい上で キャシュカイ e-POWER、電気モーターは車輪の推進力の唯一の源であり、ガソリンエンジンは電気を生成するためにのみ使用されます。 日産は、この新しい広告キャンペーンで、電動化がイノベーションと大胆さの代名詞であることを示したいと考えています。

キャンペーンは TF1 で 10 月の最初の週末に放映され、2 つのシーケンスを中心に展開されました。

  • TF1 の 20 代ティーザー – 10 月 1 日と 2 日:

ブランドの新しいアンバサダーであるドゥニ ブロニャールは、日産キャシュカイ e-POWER のハンドルを握り、前例のない e-POWER テクノロジーの利点をモニュメントにたどる火花を求めてパリを横断します。

10 月 2 日(日)の TF1 では、きらめくデニスのナレーションが日産の新しい e-POWER テクノロジーを紹介します。

  • 60 年代の公開スポット – TF1 の 10 月 2 日:

火花は暗い場所に到着し、新しいものを明らかにする超技術的なレーザー ショーを開始します。 キャシュカイ 車両での e-POWER テクノロジーの動作をご覧ください。 再び、キーワードが画面に表示されます。
続いて Denis Brogniart が登壇し、この新しいテクノロジーを使ったドライビング体験と、ハンドルを握る感覚について説明します。

この特別な操作は、キャシュカイ e-POWER のコミュニケーション キャンペーンの始まりであり、まったく新しいコミュニケーションの時代でもあります。 すべてのキャンペーンは、日産ブランドのチャレンジャー精神に沿ったものであり、同じ広告表現に基づいています。 誰が言った これは、電動化に関する常識に挑戦し、e-POWERやe-4ORCEなどの独自の技術を使用して、市場で最も大胆な電動クロスオーバーを提供する日本のブランドとして日産を位置づけることを目的としています。

このキャンペーンは、ブランドが新しいアンバサダーであるデニス・ブロニャールを紹介する機会でもあります。 フランスを代表する人気アニメーターであるドゥニ・ブロニャールも、自動車愛好家です。 彼の名前は、日産の重要な価値観に関連していることが多いため、自分自身、エネルギー、探求を押し進めます

パフォーマンスと環境保護。 ホストは、ブランドの新しい大使になることに同意しました.

ヒューズについて
Fuse France は、Omnicom Media Group のメディア パートナーシップ、ブランド コンテンツ、スポーツ マーケティング エージェンシーです。
彼の役割は、メディア パートナーシップ、コンテンツ作成、または非メディア イネーブルメント オペレーションのアドバイス、設計、提供です。 この代理店は、戦略的アドバイス、権利の交渉、パートナーシップの実施と拡大など、スポーツ スポンサーシップ戦略に関してグループのクライアントをサポートする専門家でもあります。

TF1について
フランスの大手マルチメディア エージェンシーである TF1 PUB は、TF1 グループ (TF1、TMC、TFX、TF1 Séries Films、LCI、TV Breizh、Ushuaïa TV、HistoireTV) および MYTF1 のチャンネルの広告スペースを販売しています。 ラジオ市場では、TF1 PUB は、このメディアでの最初の商用提供である Indés Radios のスペース、M Radio および多数の外国のラジオ局を販売しています。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です