日銀が公表する為替レートのコントロール

市場の反応:

匿名の情報源を引用した報告書によると、円はドルに対して 24 年ぶりの安値からわずかに上昇し、0520 GMT で 143.89 で取引された。

コメント:

吉川正幸氏、チーフ マクロ ストラテジスト、三井住友 DS アセット マネジメント、東京:

「中央銀行は、最近の円の動きはあまりに突然で大きすぎる可能性が高いと考えています。」

「市場が円売りを続ければ、財務省と日銀に対し、最近の動きは速すぎると市場に伝えるよう圧力がかかるだろう」

「米国側の同意なしに日本が介入するとは思わない。日本の当局による介入に反対しているわけではない」

「もちろん、短期的には、市場が円売りに偏っていると感じられれば介入は有効かもしれないが、トレンドを変えるにはファンダメンタルズの変化を見る必要がある」

クリストファー・ウォン、通貨戦略、OCBC、シンガポール

「口頭での介入は円安のペースを遅らせるのに役立つかもしれませんが、米ドルと米国の利回りが大幅に低下するか、日銀が政策を変更するか、調整に失敗しない限り、傾向を変える可能性は低いです。」

「調整された取り組みであり、米ドルの上昇傾向がそれほど強くない場合、介入の効果は最大化されるでしょう。」

安達正道、UBS証券、チーフエコノミスト、東京

日銀の可能な行動方針について:「いいえ、単純な答えはいいえです。

「黒田氏が過去に言及したことは、円安は経済にとって悪いことではないということです。金融-彼らは水準についてコメントしていないということです。強い米ドルはおそらく投機的であり、彼らは皆それを述べました。

「そのため、金融政策を担当する財務副長官は、必要な行動、つまり介入を行うと言っています。 したがって、今後 2 週間以内に円が(再び)下落したとしても、財務長官が市場に介入する、つまり円を購入し、外貨準備高にある米ドルを売却しても、私は驚かないと思います。」

宮前浩也氏、シニアエコノミスト、SMBC日興証券、東京

「政府当局者は、為替レートの水準ではなく、通貨の動きの大きさを見ており、(最近の)大きな動きが反応を引き起こした可能性が高いと述べた.

「単独の介入は短期的にしか市場に影響を与えません。影響がないわけではありませんが、協調的な行動がなければ、影響は長く続きません。」

みずほ証券 チーフ・カレンシー・ストラテジスト 山本雅史

「(ドル/円が 145 を超えると)、介入の可能性が高くなる可能性があります。..による介入は望ましい効果をもたらす可能性は低いので、私はそうしないのが最善だと思います。「米国は来年金利を引き下げると予想している」日銀が何もしなくても、米国が利下げすれば円高になる」と語った。

「現在、日米の大きな金利差でドル高・円安が進んでいるため、(介入としては)効果が出にくい。待つのが一番だと思う」

「ドルが145円を超えると、介入の可能性は100%に達するどころか、以前の10%から20%に、約60%に増加します。」

ROB CARNELL、リサーチ ディレクター、アジア太平洋、ING、シンガポール:

日銀介入の可能性について:「決して言わないでください。 彼らは最近、レトリックをエスカレートさせました。 非干渉政策。」

「国債の購入をやめない限り、流動性比率を上げない限り、G20に行って円が弱すぎると言うのは信用できないようだ. そして、市場が再び望んでいることを実行する前に、介入はせいぜい数時間の休息を彼らに与えることができます。」

農林中金研究所 チーフエコノミスト 南 毅氏:

「財務省が実際に外国為替市場に介入するかどうかは不明です。 しかし、金利統制を実施することで、円高の動きを食い止める準備ができていることを示しています。」

「MOFは現時点では介入せず、口頭での警告に従うだろうと私は感じています。 FRB の金利決定会合まであと 1 週間です。 財務省が現在のドルと円の水準で介入すると市場が信じているとは思えない」と述べた。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。