日銀は、世界的なリスクがバランスに重くのしかかっているとしても、円安がインバウンド観光を後押しすることを望んでいます。

*

日本の多くの地域経済は緩やかに回復 – 日銀レポート

*

企業はチップと部品の不足に苦しんでいる – 名古屋支店長

*

日本の地方ではサービス支出が回復 – 日銀

*

賃上げを検討する企業もあれば、慎重な企業も – 日銀

[東京 6日 ロイター] – 日本銀行(BOJ)は木曜日、消費に対する慎重な楽観論を表明し、来週の国境の再開が経済成長とインバウンド観光を後押しし、経済が恩恵を受けるのに役立つことへの期待を表明するために政府に加わった。円安。

しかし、地域経済に関する四半期報告書で中央銀行は、一部の製造業者は外需が弱まるだろうと警告した。これは、継続的な供給の制約と世界的な成長の鈍化が輸出の見通しを曇らせていることを示している.

トヨタ自動車のカーグローブがある地域を管轄する日銀名古屋支局長の中島毅氏は、「自動車メーカーを中心とする製造業者は、生産と輸出に影響を与える不安定な部品供給に苦しんでいる」と語った。

多くの日本の地域経済は緩やかな回復を享受しており、一部の企業は賃上げを検討している、と日銀は報告書で述べ、家計所得が消費を下支えするのに十分なほど上昇することへの期待を強調した。

「企業は、日本が国境管理を緩和するにつれて、特にインバウンド支出から、サービス消費が勢いを増すことを望んでいます」と彼女は言いました.

インバウンド観光に関する日銀のコメントは、最近、円安を利用してインバウンド観光を後押しすることを提唱した岸田文夫首相のコメントを反映している。

日本は火曜日から国境政策を緩和する予定で、これには 1 日あたりの入国者数の上限の引き下げが含まれます。 B. 企業が原材料と燃料の輸入に支払わなければならないより高い価格。

日銀大阪支店長の古口博秀氏は、外国人観光客の急増が賃金の押し上げにつながる可能性があると述べた。

「パートタイム労働者の賃金はすでに上昇している。 労働市場の逼迫が続けば、賃金上昇につながるだろう」と小口氏は記者会見で述べた。

日銀は、暴走するインフレに対処するために金融政策を引き締める中央銀行の世界的な波の中で、異常値のままであり、その結果、燃料と食品の輸入コストが押し上げられた円安をもたらしています。

消費者物価指数が目標の 2% を超える中、日銀の黒田東彦総裁は、経済が中央銀行に超緩和的な政策を変更する意図がある場合、最近のコスト インフレーションはより高い賃金の伸びに匹敵するものでなければならないと強調しました。

日銀は「高収益の企業や人手不足に直面している企業は、夏のボーナスを増やしたり、来春に賃上げを計画したりしている」と述べた。 一方で、原材料価格の上昇など経営環境が厳しく、賃上げに慎重な企業もある」と指摘した。

一部のアナリストは、世界経済の減速と長引く供給途絶に対する懸念の高まりが経済の不確実性を高めており、企業が賃金を引き上げるのを妨げている可能性があると述べた。

日銀名古屋支店長の中島氏は、「生産と輸出の大幅な回復はまだ見られない。 「チップや部品の不足は生産を混乱させ、製造業者は円安を十分に活用することが難しくなっています。」 (レイカ・キハラによる報告、リンカーン・フィーストとシュリ・ナバラトナムによる編集)

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です