日銀は賃金がさらに上昇するまで緩和政策を維持しなければならない、と若田部副知事は言う。

若田部氏はまた、金融政策は日本の最近のコストインフレに対処するための適切なツールではないと述べた。これは主に強い需要ではなく燃料コストの上昇によるものであった。

若田部氏はスピーチで、「エネルギーや食料価格の上昇は主に海外からのコスト要因によるものであるため、金融政策以外の措置で対応することが望ましい」と述べた。

「可能な選択肢には、日本の石油と天然ガスへの依存を減らすための財政政策とエネルギー政策が含まれる」と、積極的な金融緩和を支持してきた元学者の若田部氏は述べた。

日銀は、他の主要中央銀行が暴走するインフレと戦うために金利を引き上げたとしても、超緩い金融政策を維持することを約束した場合、例外のままです。

アナリストは、燃料と商品のコストの上昇により、日本の消費者インフレが4月に2.1%に達し、中央銀行の年間目標である2%前後を維持すると予想しています。

しかし、若田部氏は、インフレ率が6か月または1年で2%に達するだけでは日銀の価格目標を維持するのに十分ではないと述べ、そのような値上げはより高い給与によって支えられる必要があると付け加えた。

「重要なのは、サービス価格に大きな変動があるかどうか、そして賃金が上がるかどうかです。 また、インフレ予測が2%にしっかりと固定されるかどうかを確認する必要があります」と彼は言いました。

若田部氏はまた、中国のCOVID-19規制による供給の混乱や、利上げによる潜在的な市場の変動など、日本の経済見通しに対するリスクについて警告した。

「他の国を除けば、少なくとも今のところ、日本に対する私の最大の懸念は、低成長、低金利、低インフレが続くことだ」と彼は述べた。

「経済へのリスクが顕在化した場合、日銀は追加の緩和策を除外することを躊躇してはならない」と若田部氏は述べ、早急な行動の必要性は小さいと付け加えた。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。