日銀は金融政策を保留し、輸出と製造業、市場ニュースについて楽観的ではない


日銀は金融政策を維持しており、輸出と製造業については楽観的ではありません。 クレジット:TK Kurikawa / Shutterstock.com

東京、9月22日(ロイター)-日本銀行(日銀)は水曜日に金融政策を変更しなかったが、アジアの工場閉鎖が一部のメーカーのサプライチェーンの混乱につながったため、輸出と工業生産について楽観的ではなかった。

広く予想されているように、日銀は短期金利目標を-0.1%、10年物国債は約0%にとどめました。

中央銀行は声明のなかで、「輸出と製造業の生産高は、供給の制約に部分的に影響されているものの、成長を続けている」と述べた。

日銀は、日本経済は「パンデミック後も脆弱なままであるが、トレンドとして回復している」と述べた。

この声明は、9月29日の与党の指導者選挙に先立って行われ、安倍晋三の「アベノミクス」経済政策に基づく現在の立場から日本政府をシフトさせる可能性があります。

候補者は今のところ大規模な財政的支援を維持する必要があることに同意しますが、彼らは将来の長期的な道に分かれています。

コロナウイルスのパンデミックに対抗するための非常事態宣言の拡大が消費を圧迫したものの、日本経済は旺盛な世界的な需要を背景に復活しました。

(レポート木原レイカ、梶本哲史、ダニエル・ロイシンク、フランス語版カミーユ・レイノー)



Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です