日銀総裁が金融政策の正常化に向けた枠組みを設定

東京(ロイター)-日本銀行(BoJ)の黒田東彦総裁は木曜日、超緩和的な金融政策の終了に関する今後の議論は、短期金利の上昇ペースと中央銀行のバランスシート調整に焦点を当てるだろうと述べた.

しかし、黒田晴彦総裁は、短期金利の上昇の可能性を否定し、日銀は緩和的な金融政策で脆弱な景気回復を支え続けなければならないと強調した。

彼は、金融機関が大規模な景気刺激策を終了し、2% のインフレ目標に到達し、賃金が上昇することが見えてきたら、政策の正常化に向けて動き出すための戦略について話し合うことができると付け加えました。

「出口戦略の詳細を概説するのは時期尚早だ。しかし、議論の主なトピックの1つは、現在-0.1%に設定されている短期政策金利の上昇ペースだろう」と黒田晴彦氏は述べた。議会。

「もう1つの要素はバランスシートの調整だ」と述べ、ほとんどの主要中央銀行はバランスシートの縮小に進む前に利上げを選択したと付け加えた。

岸田文夫首相と会談した後、日銀総裁は報道陣に対し、2 人が円安、世界経済のリスク、賃上げの必要性などについて話し合ったと語った。

黒田晴彦氏は緩和的な政策を維持する必要性を主張し続けているが、コモディティ価格の上昇がインフレ率を2%の目標を超えて押し上げる中、超低金利から脱却する可能性について、ここ数ヶ月で何度か語った.

(レポート 木原レイカ、フランス語版 レティシア・ヴォルガ、ナレーション ソフィー・ルエ)

木原れいか

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です