早くも2025年に道路に出ることができる認定された空飛ぶ車

空飛ぶ車プロジェクト 近年増加しており、関係する各メーカーは、垂直離着陸を備えた電気自動車であるeVTOLを最初に販売するのに苦労しています。

それか 日本の会社SkyDrive このレースに非常にうまく勝ち、彼女の空飛ぶ車を最初に道路に乗せることができました。 SkyDriveは、実際に日本でeVTOLフライングカーの最初の安全認証を取得し、2025年から販売できるようになりました。

この証明書は、国土交通省(MLIT)によって発行されました。 車両の安全性を証明します。 航空機の強度と飛行性をテストするために厳格なテストが実施されましたが、同社はコンセプトに関連する大量のデータと製造図面も提出する必要がありました。

これまで、空飛ぶ車が日本でこの認証を取得したのはこれが初めてです。 プレスリリースで、同社はこの証明書が「設計、構造、強度、性能が必要な安全性と環境要件を満たしている」ことを保証すると述べています。

小さな空飛ぶ車

SkyDriveのeVTOL電動空飛ぶ車は「SD-03」と呼ばれています。 彼女は2020年8月に1人のパイロットとの飛行デモンストレーションを無事に完了しました。

SD-03はシングルシートです。 クワッドコプター編成の8つのプロペラを搭載しており、大型の有人ドローンのように見えます。 その自律性もそのいとこと非常に似ており、飛行時間はわずか約10分です。 その最高速度は時速48キロです。

その安全認証により、SkyDriveは2025年までにその車両を空飛ぶタクシーサービスとして提供できるようになることを望んでいますが、同社はまだ作業が完了していないと述べています。 この車は発売前にまだ改善が必要です。「私たちは政府や国土交通省と緊密に協力して、完全に安全で信頼性の高い空飛ぶ車の開発を完了します。 私たちの目標は、高さ約2メートル、幅4メートル、長さ4メートルの世界最小の空飛ぶ車モデルを作成することです。 »»

結局のところ、同社はeVTOLで64 km/hの速度と30分の飛行時間を達成したいと考えています。 また、2人乗りの商用モデルの開発も目指しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です