明仁上皇が白内障手術を受ける

明仁上皇は、9月19日に東大病院で左眼の白内障手術を受けました。 手術が計画され、病院に行ったとき、彼は妻である美智子皇后に付き添われました。

また読む: 明仁上皇、健康上の懸念にもかかわらず生物学研究を再開

日本の明仁は左目の白内障手術を受けた

2022 年 9 月 19 日、元日本の元首は文京区の東大病院を訪れました。 通常、天皇は皇居内の病院を訪れます。 今週の日曜日、上皇明仁天皇は左目の手術を受けていたため、非常に特別な医師の予約がありました.

徳仁天皇の父は白内障手術を受けた。 このタイプの手術ではよくあることですが、2番目の目は後日手術されます。 右目の手術はすでに9月25日に予定されています。 上皇は病院に到着したときに写真を撮られました。 彼は車の窓を下ろしてカメラマンに挨拶した。 皇后美智子さまも同乗されました。

左目の白内障手術のため東大病院に到着した明仁上皇(写真:POOL/時事通信社/ABACAPRESS.COM)

また読む:上皇明仁の心臓治療の開発

時事通信社宮内庁の言葉を報じる 、健康診断中の眼科検査で、皇帝の水晶体が曇っていたことが判明した. 皇后美智子さまも、ご主人が小さな活字を読むのが苦手であることに気がつきました。 緑内障の痕跡もこの検査中に発見され、点眼薬で治療されました。

日本放送協会 88 歳の第 125 カイザーは、心不全と診断されて以来、朝の散歩を減らすなど、日常の活動を減らしたことを思い出します。 最近のスキャンで、心臓の右側にある弁に問題があることが明らかになりました。 夏の初めから、彼はすでに効果のある薬を服用しています。 心不全の治療法はありませんが、投薬によって病気の進行を遅らせ、患者の状態を安定させることができます。

明仁天皇は今週末、日本の皇室の唯一の当主となった。 彼女の息子である現在の徳仁天皇は、エリザベス 2 世女王の葬式に出席するためにロンドンにいました。 議定書は、通常、特に海外で、皇帝が葬式に出席することを防ぎます。 2019年の明仁天皇の退位以来、徳仁天皇は海外旅行をしたことがありませんでした。

画像アバター

ニコラス・フォンテーヌ

編集長

Nicolas Fontaine は、2014 年からフリーランスの Web エディターです。 ベルギーやフランスの数多くのブランドやメディアでコピーライターやライターとして活躍した後、ロイヤリティを専門に扱う。 Nicolas は現在、Histoires Royales の編集長を務めています。 nicolas@historyroyales.fr


Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。