映画館。 新幹線、クレイジーな高速スリラー

温かい歓迎 / 文化 / シネマ。 新幹線、クレイジーな高速スリラー

東京では、ヤクサの木村雄一 (アンドリュー・コージ) が、見知らぬ人に屋根から突き落とされたばかりの息子のベッドサイドに横たわっています。 父「エルダー」に孫を守れなかったと責められる中、彼は謎の敵のメッセージに従うことを決意する。 彼は東京からの電車でどの席に乗りたいかを彼に言った。 時を同じくして、存亡の危機に瀕している特に不運なスリである「てんとう虫」(ブラッド・ピット)は、同じ新幹線からブリーフケースを盗むために雇われました。

新しい平穏を求めて、彼は非暴力でクーデターを実行したいと考えていますが、高速列車は、2 人のイギリス人の「双子」であるシトロン (ブライアン タイリー ヘンリー) を含む世界中の暗殺者でいっぱいであることが判明しました。マンダリン(アーロン・テイラー・ジョンソン)、そして予想外の10代の「ザ・プリンス」(ジョーイ・キング)ですが、リソースがいっぱいです。 殺害された妻の仇を討つためにメキシコからやってきた「オオカミ」は、結婚式のすべてのゲストと同じようにパーティーに参加し、てんとう虫に出くわします。 何よりも彼が探しているのは、ヘビ毒による中毒を専門とする暗殺者「ザ・ホーネット」である…これらの犯罪者はすべて、元KGBエージェントで元ロシアのスタンドである「ザ・ホワイト・デス」に直接的または間接的に関係しているようだ.強制的に支配下に置く前にヤクサの一族に加わったマフィア。 電車の中で、この異質な乗組員は、聴覚障害者の対話と打撃の交換で互いに向き合います…

劇場公開日 8月3日映画「新幹線」は、2010年に出版された伊坂幸太郎の小説「マリア・ビートル」を無料で翻案した作品。 原作では、原作者の出身地である東北を通過する本物のはやて新幹線が舞台。 映画では夜、東海道線で東京と京都を結び、日本の首都から大阪に向かう架空の新幹線で行われます. この映画は、日本の高速鉄道網で撮影されたものではありません。 しかし、カリフォルニアでは、2台の車と日本の風景チャンネルのセットが設置されたソニースタジオのセット26に.

一方、東京駅は、ロサンゼルス コンベンション センターでの生産から再現されました。 カルチャー アドバイザーは、セット デザイナーが看板、さまざまな自動販売機、さらにはショップのファサードとの誤解を避けるのを助けました。

躍動感を再現するため、車両周囲に設置されたLEDウォールに、プロダクションが撮影した日本の風景を投影。 これが、電車の窓から国が高速で現れる方法です。

信じられないシーン、鉄道の現実を扱った映画、またはその他のものを期待しないでください.私たちはこぶしで鉄道車両の窓を壊すことに成功し、列車は時々右に、時には左に転がり、地理に満足している.再設計され、その古い、実際よりもはるかに長持ちします。 そして、日本の新幹線が 1960 年代に開業して以来、重大な事故を経験していないのであれば、この洞察は統計をあまり気にしません。 現実との別の取り決めとして、ほとんどの旅行者は深い過眠症に苦しんでいるようで、最も激しい闘争でさえモーフィアスの腕から引き離すことができません. とにかく、要点は別のところにあります: 2 時間の純粋なエンターテイメント、時速 300 km の風変わりなスリラー、カラフルなキャラクターのキャスト、ほとんどがイベントに完全に圧倒されます.

映画の新幹線のようなファンタジー日本を舞台にした、ヘモグロビン、戦い、スタントに満ちたアクション映画。 ユーモアを交えた奔放なバイオレンスが監督のトレードマーク。 1999 年に『ファイト クラブ』が公開されて以来、俳優と監督は 9 本の映画で協力してきました。 当時、デビッド・リーチが映画のスタントを調整しました。 デヴィッド リーチがジョン ウィック (2014) を監督したとき、デヴィッド リーチはブラッド ピットに挑戦しました。彼が何度も見た人々の。 てんとう虫も顔を印刷するのに大きな問題を抱えています…

786 の劇場で公開されたこの映画は、劇場を興奮させ、最初の週末の終わりまでに 366,000 人の視聴者を魅了しました。 彼はフランスで 3 週間ランキングのトップに立つでしょう。 新幹線は、12 月 7 日に DVD と Blu-ray でも利用できます。 この映画は、群島の素晴らしい景色を提供し、小説の日本人の登場人物を国際的なキャストに置き換えたことで批判されました. 伊坂幸太郎なら問題ない。 成功した小説家は論争を終わらせた. ” 日本の文学や文化を人々に理解してもらいたいという野望はありません 伊坂幸太郎は、アメリカでの映画の公開に際し、ニューヨーク・タイムズのコラムで説明した. “ また、私は日本のことをよく知っているわけでもありません。»

この記事は La Vie du Rail の第 3904 号。

La Vie du Rail のその他の鉄道ニュースとファイル 紙版またはオンライン版 !

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です