景気後退懸念で原油急落、WTIは80ドルを下回る

ニューヨーク上場の WTI は 1 月以来初めて 1 バレル 80 ドルを下回りました。 (写真:123RF)

ロンドン — 金曜日に原油価格が急落し、ニューヨークに上場している WTI が 1 月以来初めて 1 バレル 80 ドルを下回り、米ドルの急騰と世界的な景気後退の懸念が重しとなった。

ケベック時間の午前 9 時 10 分頃、11 月納品の米国ウエスト テキサス インターミディエイト (WTI) のバレルは 4.35% 下落して 79.85 ドルになりました。 同月の北海ブレント原油のバレルは、3.68%下落して87.15ドルになりました。

オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「世界的な景気後退の脅威が原油価格を圧迫し続けており、過去2日間の広範な金融引き締めが成長鈍化への懸念を助長している」と述べた。

これは、原油の下落傾向を強調し、需要を弱めるのに十分です。

水曜日に、米国連邦準備制度理事会 (FRB) は、インフレを抑制するために、0.75 パーセント ポイントねじを締めました。

日本とトルコを除く世界中の多くの中央銀行による 1 週間の利上げに向けてボールを開きました。

同時に、ドルは他の通貨に対して新たな高値を更新し続けており、予想を上回る米国経済と、地政学的緊張の時代における安全な避難場所としての地位から恩恵を受けています。

しかし、ドルが急激に上昇すると、他の通貨を使用する買い手にとって原油価格が高くなり、需要を圧迫する可能性があります。

これは、中国やインドなどの「アジアのエネルギー輸入大国」に特に当てはまり、その通貨は「ドルに対して出遅れていた」と PVM Energy のスティーブン・ブレノックは説明する。

アナリストは、ウクライナに関連する地政学的リスクの増大を考えると、米ドルの強さは続くだろうと付け加えた。

モスクワが全面的または部分的に支配しているウクライナの地域を併合することに関するロシアの住民投票が金曜日に始まり、紛争の新たな段階を示した。

元ロシア大統領で同国の安全保障理事会の第 2 位であるドミトリー メドベージェフ氏は、木曜日の電報で、彼の国は核攻撃の準備ができていることを思い出させた。

しかし、アナリストは、ウクライナでの戦争が依然としてエネルギー安全保障を脅かしていると指摘しています。

「ありそうもないイランとの核合意、戦略的石油埋蔵量の機密解除の終了(米国、編)、EUによるロシアからの輸入の差し迫った削減により、すべてが大規模な供給ショックとそれによる石油価格の上昇の準備ができています」 、ハーはブレノックを締めくくります。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。