月地アウトドアマーケット-FuransuJapan

2018年10月6日(土)は築地市場の時代が終わりました。 マーケットホールは人工島の豊須に移転しました。 これは、スペース不足という数十年前の問題に答えます。 実際、2001年に初めて内装の移転が発表されました。 すべてが2016年までに完了する必要があります。 しかし、さまざまな遅れと2020年のオリンピックの締め切りを考えると、オペレーターは介入を承認するために急いでいました。

月地の主要な問屋市場が消滅するのを見て、多くの人が悲しみました。 第二次世界大戦前の首都にある数少ない既存の建物の1つでした。 月地はもともと17世紀にはわずか3,000人の小さな漁村でした。 1603年に江戸が帝都となったとき、城とその周辺の町には中央市場が必要でした。 日本橋で設立されました。 多くの川の近くの市場のこの確立された位置は、魚の貿易と販売を発展させることを可能にしました。

古い月地インドアマーケットの代わりにドブネズミが出没しました。 これらは衛生的な観点からだけでなく、人口統計学的にも問題があります。 それは500から2000の間であり、それらは最大25cmの長さです。 このかなりの人口は、作業が行われるにつれて隣接する近隣に広がる可能性があります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。