未来のこのスクーターは電気で…膨らませることができます!

日本から直送されたこのメルカリのポイモは、時間を節約するのではなく、主にユーザーの生活をより快適にするために設計されました。 重量はわずか6kgで、バックパックに収まり、1分で膨らみますが、時速6kmにしか達しません。

上に表示されている機器は、分類するのが簡単ではありません。 それはそうだとしましょう ある種の スクーター 日本のスタートアップMercariが東京大学と共同で開発した。 それは何もないと言えば十分です! このことの名前は? 「ポータブルインフレータブルモビリティ」のPoimo またはインフレータブルでポータブルなモビリティ。 ええええ このガジェット 電気の 重さはわずか6kgで、ポケットに収まり、1分で使用できるように膨らませます。

まだプロトタイプの状態です

もちろん日本出身ですが 彼はフランスのVivatech見本市に旅行しました パリより。 必ずしもモビリティに関するものではなく、テクノロジーに関する予定でした。 そしてそれは動作します! さて、明日、町民全員がポケットから出てくると言うと、私たちはまだそこにいません、そして正当な理由で、 このスクーターはまだプロトタイプ段階です。 たとえば、メルカリはさらに軽量化するために進化しています。

完全にカスタマイズ可能!

私たちはスクーターについて話しているが、それは未知の転がり物のようなものだ 顧客は最終的にそれに望ましい形を与えることができました。 そして、彼は自分の形を選ぶだけではありません! 非常に耐性のある生地で作られており、 色を変えることも可能です! 言い換えると、 Poimoのカスタマイズの可能性は事実上無限です! 車いす対応バージョンも開発!

高速よりも便利

メルカリは最高速度を時速6kmに制限しています、これは歩行速度です。 日本企業の目標は、ユーザーの時間を節約することではなく、それを実現することです。 彼らの旅をより疲れにくく、より快適にする。 は その自律性、それは約1時間または6キロです。 今の問題は、このオブジェクトが他に類を見ない需要を本当に満たし、いつか販売されるかどうかです。

また読む:

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。