札幌は2030年冬季オリンピックの国民投票を拒否

影山百合とスティーブン・ウェイド、AP通信

東京-日本の札幌市は、2030年冬季オリンピックの可能性のある入札で有権者に発言権を与えるための国民投票の開催を拒否しました。

自民党が政権を握っている自民党が全国レベルでも政権を握っている市議会は、国民投票を拒否した。 彼の会議はオンラインでストリーミング配信されました。

札幌は、2030年冬季オリンピックの開催に関心のある3つの候補都市の1つとして知られており、他の都市はソルトレイクシティとバンクーバーです。 スペインも関心を示しています。

ソルトレイクとバンクーバーは国民投票を必要としません。 スペインの立候補の複雑さの1つは、一般投票を行うよう圧力をかけることです。

他の都市の有権者が彼らの選択をしたとき、彼らは一貫してオリンピックの開催に反対し、しばしば費用と混乱を理由に挙げました。

札幌の関係者は、その世論調査がオリンピック招致に賛成して52%を示したので、国民投票は必要ではないと言いました。

国民投票を提案した日本共産党の村上仁史氏は、昨年の延期された東京オリンピックが終わった直後に行われたため、投票結果は歪んでいると述べた。

東京オリンピックの費用は136億米ドルと見積もられ、そのほとんどが公的資金でした。 いくつかの政府の監査は、公式の費用がはるかに高いことを示しました。

国際オリンピック委員会は、来年5月にインドのムンバイで開催される2030年オリンピックを授与する予定です。 また、2034年の冬季オリンピックを受賞する可能性もあります。

札幌は冬季オリンピックの開催費用を26億ドルと見積もっていますが、8年近く前に正確に見積もることは不可能です。 さらに、オリンピックは定期的に予算を超えています。

パリでは、2024年の夏季オリンピック(ロサンゼルス2028年)とブリスベン(オーストラリアの2032年)が開催されます。2026年の冬季オリンピックは、ミラノ-コルティナダンペッツォで開催されます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。