東京では、健康パスポートを開設するという考えは分かれています

公開日: かわった :

日本では、専門家は、Covid19の流行の第6波が早ければ1月に日本を襲うことを恐れています。 韓国では、汚染の数も再び増加しています。 そして、オミクロンの亜種は世界中に広がっています。 したがって、日本人を分けるこの質問:健康パスを導入する必要がありますか? そのようなパスはまだ群島に存在しないからです。 少なくとも形式化された拘束力のある方法ではありません。

東京の特派員と一緒に、 ブルーノデュバル

日本では、ほとんどの企業が顧客の予防接種状況をチェックしていません。 このシステムは自主的に機能し、インセンティブとして機能することを目的としています。多くの場合、ワクチンカードの提示でバウチャー、割引、またはラッフルを受け取ることができます。

その中で 日本でのCovid-19との戦い、強制的なメカニズムを導入する必要がありますか? 東京人は分かれています。 「」 日本では予防接種は必須ではありません。健康パスを要求することは私には一貫性がないようです。 ‘それらの1つは言います。

「」 私は個人的に、そのようなパスポートはずっと前に導入されるべきだったと思います。あなたは決して注意しすぎることはできません。 そしてそれは確かに多くの人々を落ち着かせるでしょう 別のことを考えています。 ある女性は「 ワクチンが新しい変異体に対して有効かどうかはわかりません。そのため、PCR検査をより迅速に利用できるようにすることをお勧めします。 “。

「」 私にとっては、ほとんどの平日の従業員のように、パブに入るためにIDを提示しなければならない場合、私は夜の仕事の後に飲み物を飲む権利がなくなったので、何も変わりません… 」、首都の別の居住者を避けます。 東京人は同じ方向に進んでいます: ” 上司の命令はすぐに家に帰ることです。 その気の変種を会社に持ち帰るリスクを回避するため。 »»

マスクを手放すことはなく、バリアジェスチャーを慎重に尊重する国では、日本人の80%がワクチン接種を受けています。 したがって、政府は健康パスポートを施行する代わりに、国民の品位と規律、そして社会的圧力に依存し続けることができます。 日本では、誰もが常に非の打ちどころのない行動をとることが大切にされているからです。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です