東京のハイテク、オタク、オタク地区

日本で非常に人気のあるラジオは、戦後の困難な時期に切望されていた娯楽を提供し、この地域の技術と革新の台頭を後押ししました。 秋葉原地区は、ラジオの台頭の前兆の1つでした。 このようにして、娯楽と知識を日本人の日常生活に取り入れることができます。

秋葉原が日本有数の電子地区としての評判を獲得するにつれ、ビジネスと技術の革新は何年にもわたって続いた。 秋葉原の商店街には、拡大する世帯の高い需要に応えるため、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品が揃っていました。 1970年代にはウォークマンとオーディオプレーヤーの販売が急増し、秋葉原もこの新しい音楽革新の中心でした。

したがって、秋葉原地区がMacintoshとWindows 95のリリースで80年代と90年代にコンピュータの流行を経験し、東京と日本でリードし続けているのは当然のことです。 コンピュータやテクノロジーの愛好家のニーズに応えるために、一人のスタンドからより大きな店に至るまで、電気店が誕生しました。

1990年代半ばのエヴァンゲリオンの発売は、日本のアニメーション業界に革命をもたらし、より多くのアニメーション製品ショップをオープンし、ゲームやアニメーションに興味のある人々を魅了しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。