東京の症例数に15を掛けたもの

AA/東京

日本の首都東京でのコロナウイルス感染の数は、この1週間でほぼ10倍に増加しました。

東京都は声明のなかで、過去24時間で1,224件のコロナウイルスが検出されたが、先週の土曜日の時点で感染者数はわずか79件だったと述べた。

日本の通信社共同通信によると、感染数は1週間で約15倍に増加しており、首都がコロナウイルスの流行の第6波に苦しんでいることを示唆しています。

オミクロン変異体による最初の感染は、2週間前に東京で検出されました。 日本の首都で最も深刻な犠牲者は1000人を超え、9月15日に最後に検出されました。

沖縄県(南)は、今週の土曜日に1日あたりの感染率が最も高く、1,759例でした。

*MounirBennourによるアラビア語からの翻訳。

アナドル通信社が内部放送システム(HAS)を介して加入者に送信するアナドルの一部のみが、AAWebサイトでまとめて放送されます。 登録はお問い合わせください。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です