東京はウォール街で損失を拡大

東京 (awp/afp) – 東京株式市場は月曜に下落し始めた。ウォール街の指数は、ロシアのガスのほとんどを欧州に供給しているガスパイプラインの閉鎖延長のニュースで週後半に下落した。 .

主力の日経指数は 00:45 GMT の時点で 0.29% 下落して 27,569.47 ポイントとなり、より広範な Topix 指数は 0.35% 下落して 1,923.32 ポイントになりました。

ロシアの巨大企業ガスプロムが金曜、欧州への供給に不可欠なノルド ストリーム ガス パイプラインの操業を停止すると発表したことは、欧州でのエネルギー危機のエスカレートが懸念される中、ニューヨーク証券取引所を激しく非難し、威嚇した。

さらに、「金曜日に米国で雇用統計が発表された後 (…) 投資家の間で強い不安感があった」、とりわけ月曜日の休日に関連したウォール街の閉鎖により、投資家の間でコメントされました。ブルームバーグが報じた東海東京総合研究所の平川正治氏。

価値観について

ソフトバンクグループ: ブルームバーグの情報によると、日本の新技術投資大手ソフトバンクグループ (-0.21% で 5,481 円) は、ビジョンファンド投資信託を管理するスタッフを少なくとも 20% 削減し、合計で少なくとも 500 人の従業員を削減することを検討している。

SBG CEO の孫正義氏は 8 月上旬にグループ全体のコスト削減を約束したが、テクノロジー株の世界的な下落により、2022/23 年の第 1 四半期に 3 兆円 (215 億ユーロ) を超える記録的な純損失を被った。

日野自動車: トラックメーカーの日野 (-1.1% から 627 円) は、過去に一部のエンジンの排出ガス試験データを改ざんしたことを認めており、日本での 2 つのシリーズの大型および中型車の特定のモデルの生産を凍結します。 2023 年 8 月までの車両、日経日刊紙は、影響を受けたモデルの販売が 13,000 台、または 2021/22 年の日本における日野の販売の 23% を占めたと報告しています。

石油と通貨の側で

月曜日の朝、アジアの石油市場は上昇しました。GMT 00:40 頃、アメリカの WTI は 1.65% 上昇して 88.30 ドルになり、北海ブレントは 1.7% 上昇して 94,60 ドルになりました。

外国為替市場では、金曜日の 21:00 GMT の 1 ドル 140.20 円に対し、00:50 GMT に 1 ドル 140.35 円で円がドルに対して下落しました。

それどころか、日本の通貨はユーロに対して上昇し、先週末の 139.55 円に対して 1 ユーロは 139.14 円に相当しました。

欧州通貨は、金曜日の 21:00 GMT の時点で、0.9953 ドルに対して 0.9914 ドルの価値がありました。

マック/

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。