東京はグリーンで閉まります

東京(awp / afp)-東京証券取引所は火曜日に高値で取引を終え、特に中国の輸入品に対する特定の米国の関税引き上げの可能性があるという噂に後押しされた。

主要な日経指数は1.03%上昇して26,423.47になり、より広範な東証株価指数は0.5%上昇して1,879.12ポイントになりました。

いくつかの報道機関によると、米国の消費者物価の上昇を食い止めるために、米国のジョー・バイデン大統領は間もなく中国製品の輸入に対する特定の米国の関税を引き上げることを決定する可能性があります。 このような発表は、株式市場にとって歓迎すべきことです。

大和証券の細井修二氏は、「コストの変化に伴って市場が変動する中で、米国が(特定の中国製品の)関税を引き下げると、商品が安くなり、インフレを抑える効果がある」と述べた。ブルームバーグエージェンシー。

香港では、ハンセン指数はグリニッジ標準時06:40の時点で0.4%上昇しました。

今日の価値

楽天:日本のeコマース大手楽天の株価は1.62%上昇して627円となった。 同グループは月曜日、オンラインバンキングの子会社である楽天銀行が東京IPOの申請を提出したことを発表し、昨年9月に発表されたプロジェクトを確認した。

この事業の時期と規模はまだ決定されていませんが、日本のモバイルネットワークへの多額の投資により多額の負債と慢性的な赤字を抱えている楽天に財政的救済を提供するのに役立つはずです。

石油と通貨の側で

石油市場は別の順序で動きました。アメリカのWTIのバレルは06:30GMTで1.18%上昇して109.71ドルになり、ノースシーブレントのバレルは0.48%下がって112.95ドルになりました。

外国為替市場では、前日の135.62円から06:45GMTに136.16円の円が対ドルで下落した。

日本通貨も月曜日の141.34円に対して142.06円で取引されていたユーロに対して下落した。

1ユーロは前日の1.0422ドルから上昇して1.0435ドルで取引されていました。

etb-mac / b

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。