東京は米国のインフレをわずかに上回った

東京 (awp/afp) – 東京株式市場は、火曜日のセッションの早い段階で上昇しましたが、その日の後半に米国の 8 月の CPI 消費者物価指数が発表される前の警戒感から持ち直しました。

低調なスタートの後、主力指数である日経は 0.36% 上昇して 28,645.47 ポイントになり、より広範な Topix 指数は 00:50 GMT 頃に 0.23% 上昇して 1,984.74 ポイントになりました。

西側の金融市場は、先月の米国のインフレがさらに減速することを期待して、月曜日に先週後半に始まった回復を続けました。 このシナリオが長期にわたって確認された場合、米国連邦準備制度理事会 (FRB) は来年中に再び金融政策を緩和するよう促される可能性があります。

価値観について

任天堂が躍進: 任天堂の株価は 5% 上昇して 61,910 円になりました。 日本のビデオゲームのパイオニアである同社は月曜日、日本での新しいゲーム「スプラトゥーン 3」の発売を発表しました。このゲームは、先週の金曜日の発売以来、群島で 345 万本を販売しています。

任天堂はプレスリリースで、これはスイッチコンソールのゲームの最初の3日間の運用で、日本でこれまでに記録された最強の商業発売であると述べた. このグループは、今週火曜日の 14:00 GMT に、この冬に Switch に登場する新しいゲームをオンラインで発表する予定です。

石油と通貨の側で

石油は火曜日の朝、アジアで引き続き上昇し、特に継続的なドル安の恩恵を受けました。 アメリカの WTI のバレルは 00:30 GMT の時点で 0.18% 上昇して 87.94 ドルになり、北海ブレントのバレルは 1.38% 上昇して 94.12 ドルになりました。

外国為替市場では、ドルは月曜日の 2100 GMT の 142.84 円から 0045 GMT までに 142.58 円に下落しました。

欧州通貨は円に対して安定しており、前日の 144.59 円に対して 1 ユーロ 144.54 円で取引されています。

しかし、ユーロは米ドルに対して引き続き上昇し、月曜日の 21:00 GMT で 1.0122 ドルに対して 1.0136 ドルで取引されました。

etb/ybl

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。