東京証券取引所が前進、ウォール街からの好風-2022年6月3日02:42

東京証券取引所は金曜日のセッションの開始時にグリーンであり、前日のウォールストリート、特にアメリカのハイテク株の力強い回復の恩恵を受けました。

主要な日経指数は00:35GMTの時点で1.21%上昇して27,746.06ポイントであり、より広範な東証株価指数は0.51%上昇して1,936.14ポイントでした。

木曜日のニューヨークでのリバウンドは、前の2回の衰退の後、バーゲンハンティングによって大部分が煽られました。

さらに、木曜日に発表されたADPレポートによると、米国の民間部門の雇用創出は4月に比べて5月に急激に減速し、今週金曜日の後半に発表される米国の公式雇用数もインフレ懸念を緩和する可能性があります。

値側

ファーストリテイリング:日本の既製服大手のファーストリテイリングの5月の株価は、主力ブランドであるユニクロの日本での売上高が大幅に伸びた後、4%増の65,690円となった。

これは、昨年9月に始まったグループの2021/22会計年度の開始以来の最高の進歩です。 声明によると、5月上旬の日本の「ゴールデンウィーク」休暇中のユニクロの売上高は、夏の定番商品の売上高と同様に「活気に満ちた」ものでした。

石油と通貨の側で

金曜日の朝、アジアの石油はわずかにグリーンのままでした。GMT00:20頃、アメリカのWTIのバレルの価格は0.18%上昇して117.08ドルになり、ノースシーブレントのバレルの価格は0.21%上昇して117ドルになりました。

外国為替市場では、木曜日の21:00 GMTの時点で、00:30 GMTのドルは129.84円で、円に対して安定していました。

ユーロは前日の139.54円から1ユーロで139.74円まで上昇した。

欧州通貨もグリーンバックに対して上昇し、木曜日の21:00GMTの時点で$1.0747に対して$1.0760の価値があります。

etb / ybl

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です