東京証券取引所は、ウォール街での活発なセッションの後、2022年6月29日午前2時59分に下落しました。

東京証券取引所は、前日のウォール街が予想よりも弱い米国の消費者信頼感指数の発表によって圧迫され、景気後退の恐れを復活させた後、水曜日に下落した。

4回連続で上昇した後、グリニッジ標準時00:45に主力の日経平均株価は1.26%下落して26,709.98ポイントになり、より広範な東証株価指数は0.74%下落して1,893.28ポイントになりました。

火曜日のニューヨークの3つの主要株価指数はすべて、6月の米国の消費者信頼感の予想以上の低下により、大幅に下落しました。 とりわけ、彼らの経済発展の評価は悪化し続け、2013年以来最低レベルに落ち込んだ。

今日の価値

ソニー:日本の電子機器とエンターテインメントの旗艦ソニー(-2.02%から11,365円)は水曜日に、より没入型のビデオゲーム(ヘルメット、オーディオ、モニター)の機器に特化した新ブランドのインゾーンを発表しました。

Inzone製品は、SonyのPlayStation 5向けに開発されたものですが、PCビデオゲーム市場もターゲットにしており、このセクターでのプレゼンスを自社のコンソールや関連ゲームを超えて拡大したいというグループの要望に沿っています。

石油と通貨の側で

石油価格はグリニッジ標準時00:25頃に上昇を続け、米国のWTIは0.6%バレル上昇して112.43ドルになり、北海ブレントは0.52%バレル上昇して118.59ドルになりました。

外国為替市場では、火曜日のグリニッジ標準時21:00の時点でグリニッジ標準時00:45に136.14円で取引されていたドルに対して円は安定していた。

ユーロ/円相場も前日143.20円から143.24円で1ユーロとほぼ横ばいでした。

ユーロは火曜日の21:00GMTの時点で$1.0519に対して$1.0520でした。

etb / am

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。