東京証券取引所は、パウエルに先んじて慎重に、わずかな下落で終わります-2022年6月22日午前8時54分

東京証券取引所は水曜日にわずかに下落し、連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が米国議会で待望の公聴会を開く前に警戒を強めたが、香港は引き続き下落した。

主要な日経指数は終値で0.37%下落して26,149.55になり、より広い東証株価指数は0.19%下落して1,852.65になりました。 香港証券取引所では、ハンセン指数は06:15 GMTの時点で1.53%下落しました。

議会前のパウエル氏の証言は水曜日と木曜日の2日間に及び、米国の高インフレと戦うための金融引き締めの中でのFRBの将来の方向性についてもっと学ぶことを望んでいる世界の金融センターから今週注目されています。

米国の金融引き締めと日本の金融緩和政策の維持との間のギャップの拡大は、火曜日から136円以上上昇し、24年ぶりの新記録となる対ドル円安を続けています。

この為替レートの傾向は、海外からの収入を増やすことで日本の多国籍企業に利益をもたらしますが、同時に日本の輸入と群島世帯の購買力に大きな影響を与えます。

今日の価値観

日本での銀行同盟の可能性:日本のメガバンク三井住友フィナンシャルグループ(-0.02%から4,051円)は、日本の金融グループSBIホールディングス(+ 2.77%から2,588円)の資本の約10%を引き継ぐことを望んでいます。約600億円(4億2000万ユーロ)のメディア。

三井住友フィングスに少額の出資をするSBIホールディングスは水曜日の声明で、さまざまな選択肢を検討していると述べたが、現時点では何も決まっていないことを保証した。

ソフトバンクグループのフレッシュロス:ソフトバンクグループの株価は0.98%下落し、5,025円となりました。 水曜日に発表されたプレスリリースによると、海外投資を監督する戦略的組織の1つであるSBGIの最高経営責任者であるフランス人ミシェル・コンベスは、後者の地位に任命されてからわずか5ヶ月で日本のグループを去る。

直近の2021年から22年度に記録的な年間損失を被ったソフトバンクグループは、数年前から経営者や取締役からの懸念に直面してきました。

石油と通貨の側で

石油市場は、米国が不況に向かうことを恐れて下落しました。GMT06:30頃、米国のWTIバレルは4.15%下落して104.98ドルになり、ノーザンブレントバレルは3.83%下落して110.26ドルになりました。

外国為替市場では、円は対ドルで変わらず、火曜日の21:00 GMTの時点で、06:45GMTに1ドルで136.57円で取引されました。

しかし、日本通貨は前日の143.85円から143.25円のユーロに対して上昇した。

欧州通貨は火曜日の1.0533ドルに対して1.0487ドルに下落しました。

mac-etb / lum

Elite Boss

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。