東京証券取引所はFRB後のわずかな回復で終わります-2022年6月16日09:17

東京証券取引所は木曜日にわずかに赤字で取引を終え、前日のウォールストリートのように米連邦準備制度理事会(FRB)による予想利上げにより安堵し、現在は日本銀行に転向しました。

ファンファーレ開始後、日経平均株価はセッション中に減速し、0.4%の緩やかな回復で26,431.20ポイントで終了しました。 より広範な東証株価指数は0.64%上昇して1,867.81ポイントになりました。

一方、香港証券取引所は、地域の中央銀行によるFRBによる利上げを受けて、当初の上昇(0650 GMTで-1.55%)を逆転させました。

前日のニューヨークと同様に、東京の投資家は、米国のインフレが乱れ続けていることを考えると、FRBの主要金利が0.75パーセント上昇したことを喜んでいました。

ブルームバーグのエージェンシーによると、野村証券のストラテジスト、伊藤高志氏は、これは1994年以来のこれらの金利の最大の上昇であるが、「市場はこれを数日間期待していた」と述べた。

さらに、FRBのジェローム・パウエル議長は、これは「異常に大きな」利上げであると主張し、7月には同様またはそれ以下の利上げが「非常に可能性が高い」と述べたが、それ以上はなかった。

東京の投資家は現在、金曜日の日本銀行の金融政策会議の結果を待っています。 これは現在、特に円に影響を及ぼし、機関に圧力をかけているFRBと対立しています。

日銀は再び現状を選択するか、長期にわたってより持続可能にするためにその非常に融通の利く政策をわずかに調整することができます。

今日の価値観

自動車の咆哮:アメリカ市場の健全性に大きく依存している日本の大手自動車メーカーの在庫が再び色づきました。世界一のトヨタは2.88%増の2,140円、日産は2,54%増です。 547.2円、ホンダは1.39%減の3,351円。

石油と通貨の側で

原油価格は、FRBの発表を受けて前日下落した後、上昇しました。 グリニッジ標準時06:45の時点で、米国WTIのバレルは0.88%増の116.33ドル、ノースシーブレントのバレルは0.75%増の119.40ドルでした。

外国為替市場では、木曜日の21:00 GMTの133.84円に対して、06:50GMTのドルは円に対して134.47円に回復しました。

グリニッジ標準時21:00の時点で、欧州通貨は前日の139.78円から140.1円上昇しましたが、木曜日の1.0444ドルから​​1.0417ドルにグリーンバックに対して1ユーロ下落しました。

etb / abx

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。