東京:日経平均株価はウォール街の群衆の中でわずかに下落

東京 (awp / afp) – 木曜日の取引開始時の東京株式市場は、前日のウォール街での失望的な結果とアメリカの流通大手ターゲットの目標を背景に下落した後、比較的悲観的でした。

主力の日経指数は 01:00 GMT の時点で 0.31% 上昇して 27,941.98 ポイントに戻りましたが、より広範な Topix 指数はわずかに上昇しました (+0.16% から 1,966.49 ポイント)。

米国の消費動向と米国連邦準備制度理事会 (FRB) による金融引き締めの継続に関する頑固な疑問に加えて、東京の投資家は、日本の対外貿易に関する新たな、おそらく悪化する可能性のある数値も理解しました。

日本は 10 月に再び巨額の貿易赤字 (2 兆 1,620 億円または 149 億ユーロ) に苦しんだ木曜日。

今週初めに発表された速報値によると、1 年以上にわたって慢性化している日本の貿易赤字が、第 3 四半期の全国 GDP 縮小の主な原因でした。

価値観について

東芝: 東芝の株式は、水曜日のセッションの終わりに前進した後、0.43% 上昇して 4,887 円になりました。 報道によると、日本の電子チップメーカーであるローム (-4.8%、10,500 円) は、東芝の買収を望んでいるジャパン インダストリアル パートナーズ (JIP) ファンドが率いる投資家コンソーシアムに参加する予定です。

日経によると、ロームは 3,000 億円 (20 億ユーロ) をテーブルに出す可能性があります。 マスコミが言ったJIPの入札のための財務パッケージを完了するのに十分であるが、それは遅れた.

通貨と石油の側に

ドルは円に対して安定しており、水曜日の 21:00 GMT の 139.50 円に対して 00:50 GMT の 139.52 円で取引されています。

ユーロは前日の 145.00 円から 144.88 円にわずかに下落し、欧州通貨は水曜日の 21:00 GMT に 1.0395 ドルから 1.0385 ドルで取引されていました。

石油市場では、米国の WTI の 1 バレルの価格が 00:40 GMT 頃に 0.33% 下落して 85.31 ドルになりました。

etb/ybl

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です