松本城-FuransuJapan

城の起源は戦国時代(1467-1615)にまでさかのぼります。 信濃国の守護、島立貞永は、現在の場所に要塞を建設することを決定しました。 その場合、それは小さな国境検問所にすぎません。 建物は1550年の深石包囲戦後に没収されました。 内戦は日本を荒廃させた。

やがて小笠原道雪西の影響を受けてしまう。 しかし、複雑な松本城の名前を変更したのは、甥の小笠原貞慶でした。 彼は、最初の徳川幕府である徳川家康に忠誠を誓うという素晴らしい考えを持っています。 彼の一族は1603年から1868年の明治維新まで日本を統治していました。

戦争の将軍で微妙な戦略家は1590年に小田原市を征服しました。 石川数正が松本を担当した。 数年後に息子と一緒にメインタワーとタワーを建てたのは彼でした 天守 そしてその 八倉 北西(望楼)へ。 作業は1590年に始まりました。

建設現場は互いに続いています。 住居、太鼓の扉、黒い扉、堀、さまざまな裏庭、城の地下​​室の実現は非常に迅速に忙しいです。 それらの外観は、基本的に、今日私たちが探索できるものに匹敵します。 サイトのほとんどは1593-1594年に完成しました。

1635年に軍事的脅威がなくなったとき、3番目の民間の防衛塔が建設されました。 月の展望台が続きます。 それは、今日私たちが城を歩いているときに特定する建築物です。 メインタワー最上階の木製階段、開口部(抜け穴)、展望台。

1872年、明治政府はすべての古い封建的要塞の取り壊しを命じました。 現代性のタッチは、恥ずべきと見なされた過去のスレートを片付けることに熱心な日本の政治家を一掃しています。 松本城も例外ではありません。 多くの建造物が破壊されています。 屋外エリアは改修のために競売にかけられます。

噂もあります 天守 (天守)、日本の城の中央塔または主塔は取り壊される可能性があります。 松本の人々はそれに反対しています。 最も注目すべきは、影響力のある地元の人物である市川良三が、建物を救うためにツアーに行くことにしました。 しばらくして、塔は市政によって買収されました。 遺産は確実に保護されています。

しかし、明治の終わりまでに、城の主塔は危険なほど片側に寄りかかっていました。 1904年の次の写真はこれを証明しています。 同時代の人々は、これは多田加助の呪いによるものだと信じています。 彼は不公正な税法を訴えようとして逮捕され処刑された日本の農民です。 実際には、これは主に構造上の欠陥とメンテナンスの不注意によるものです。 資金はすぐに集められ、城にセカンドライフを与えます。 建物は1903年から1913年にかけて「明治維新」が行われました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です