柔道の発明者嘉納治五郎


” もっているジメ! 柔道の発明者である嘉納治五郎は、161年前に日本で生まれました。 日本の伝統的な暦によれば、彼は1860年12月10日に相当する1860年10月28日に御影市で生まれたとされています。狩野二五郎は武道から完全に離れた家族から来ました。 酒造りをしている彼の父は、彼をスポーツに連れて行ったことはありませんでした。 嘉納治五郎は、輝かしい研究の中でこのスポーツを発見し、最初は陸上競技、テニス、野球で手を試しました。 しかし、若い学生は自分に本当に合った身体活動を見つけることができません。 1877年に彼は柔術を勉強し始めました。 勤勉な学生であり、その分野の多くの技術を学びたいと熱望している嘉納治五郎は、急速に進歩します。 柔術の実践を発展させることによって、彼はその後、伝統的な武道に触発されたが、はるかに暴力的ではない新しい分野を作成することを決定しました。

また読むトップ7の最高の武道映画

非暴力の武道

素手で武士の戦いの技術の遺産である柔術は、できるだけ早く敵を排除することから成ります。 嘉納治五郎は、体と心を鍛えることを目的とした武道であり、スポーツというよりも知恵への「道」である柔道を開発することを好みます。 1882年に22歳​​で講道館柔道が東京にオープンしました。嘉納治五郎は勉強を終えたばかりでした。 この最初の学校の中で、歴史上最初の柔道家は柔道を発展させ、基本的な原則を確立します。目標は、相手の力で握ることに抵抗するのではなく、自分自身を倒し、自分の力を使うことです。 嘉納治五郎は、彼の著作の中で、自然を観察することに触発されたと説明しています。 »»

また読む僧侶が柔道ホールドで凶悪犯を倒す

感謝の気持ち

日本で非常に人気のある柔道は、ヨーロッパでも急速に広まりました。 最初の柔道クラブは、1936年にモーシェフェルデンクライスによってフランスで設立されました。 その後、国際柔道連盟(IFJ)の3年前の1948年に欧州柔道連盟が結成されました。 やがて柔道は1964年の東京オリンピックでオリンピック競技として試され、1972年のミュンヘンオリンピックに採用され、日本で初めて国際的に認知された柔道となりました。 1938年にカイロから連れ戻された船で肺炎で亡くなった嘉納治五郎は、これまでにない世界的な成功を収めました。

また読む柔道:畳の上でパニック


Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。