株式市場では、「タラ」は株式がまだ底を打っていないことを警告し、分析と意見を述べています

最近の資産配分の一環として、ゴールドマン サックスは、もは​​や買い手ではない株式市場の格下げを行っており、景気後退に入る可能性があり、その可能性は現在 40% 以上と推定されています。 しかし、「合理的な代替手段があります」。


証券取引所で「TARA」が株価はまだ底を打っていないことを警告 | クレジット: リチャード・ドリュー/AP/SIPA

ゴールドマン・サックスはもはや株式市場の買い手ではありません。 ブルームバーグが要約した最新の資産配分ノートで、投資銀行は現在、資産クラスを「過小評価」しており、関連企業の評価と収益への圧力、実質利回りの上昇、景気後退の見通しを挙げています。

実質利回りの上昇は資産クラスのバリュエーションにとって引き続き大きな逆風であり、世界的な収益の修正はヨーロッパと日本以外では下降傾向にあり始めている、とゴールドマン・サックスのストラテジストはリポートで述べており、リセッションに陥るリスクは現在、推定40%。 、 ” これは歴史的に、株式市場が暴落するリスクが高いことを反映しています。 »

「ティナ」アウト、「タラ」イン

投資家は現在、「タラ」(「合理的な選択肢がある」)に直面しており、債券利回りはより魅力的に見える可能性があります エージェントを書き込みます。 今回は株式に代わるものはないと言う「ティナ」の頭字語とは反対の頭字語であり、マイナスの実質金利の時代に株式のようなリスク資産を長年持ち続けてきたテーマです。

先週、ゴールドマン サックスの米国ストラテジストは、S&P 500 指数の年末目標を以前の 4,300 ポイントから 3,600 ポイントに引き下げました。 同様に、EMEA (ヨーロッパ-中東-アフリカ) の投資家は、収益予測を引き下げた後、ヨーロッパ株式の目標を引き下げました。

この弱気相場はまだ底を打っていない ゴールドマン・サックスは今週初めにそのメモに書いた.



Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です