株式市場: 木曜日の取引開始前に市場で何が起こっているか

(写真:123RF)

市場概況。 株式市場は、インフレとの戦いを強化するという米国連邦準備制度理事会の主張に否定的に反応し、実際にそれらを引き下げた日本銀行と銀行トルコ発電所を除いて、チェーン内の他の中央銀行が率を上げました。

ヨーロッパの指数は下落した。 以前は、アジア株式はマイナス圏で取引を終えていました。 日本の通貨の現状は円の重しとなり、政府はそれを支援せざるを得なくなった。

ウォール街は、FRB に起因する足踏み状態の翌日、さらに下落するように設定されていました。 主要指数の先物契約は、わずかに低い始値を示しました。

午前 7 時 45 分の株式市場指数

米国では、先物契約 ダウ ジョーンズ 51.00 ポイント (-0.17%) 下落して 30,231.00 ポイントになりました。 先物契約 S&P500 11.25 ポイント (-0.30%) 下落して 3,795.00 ポイントとなった。 先物契約 ナスダック 51.50 ポイント (-0.44%) 下落して 11,658.50 ポイントになりました。

ロンドンでは、 FTSE 100 36.15 ポイント (-0.50%) 減の 7,201.49 ポイント。 パリでは、 CAC 40 70.29 ポイント (-1.17%) の 5,961.04 ポイントを返しました。 フランクフルトでは、 ダックス 151.68 ポイント (-1.19%) の 12,615.47 ポイントを返しました。

アジアでは、 日経 東京からは 159.30 ポイント (-0.58%) 増の 27,153.83 ポイントで取引を終えました。 その部分については、 ハンセン 香港は 296.67 ポイント (-1.61%) 減の 18,147.95 ポイントでした。

原油側では、バレルあたりの価格が上昇している 性感染症 米国は 0.89 ドル (+1.07%) 上昇して 83.83 ドルになりました。 のバレル 北海ブレント $0.87 (+0.97%) 上昇して $90.70 になりました。

コンテキスト

米国連邦準備制度理事会 (FRB) は、6 月と 7 月と同様に、水曜日に金利を 0.75 ポイント引き上げて 3% から 3.25% の範囲に引き上げました。

投資家は予想される金融引き締めには驚かなかったが、FRB の新しい金利予測における強硬路線に驚かされた。

FRB メンバーの 3 分の 2 は、来年の金利が 4.50% を超えると予想していますが、オペレーターはこれまでのところ、過半数がそのしきい値を下回ると予想しています。

ワシントンの中央銀行も、2024 年までにこの金利が低下する可能性を否定していますが、投資家は 2023 年後半に緩和されると予想していました。

3月以降5回の利上げを行ってきたFRBは、「時期尚早の緩和」はさらに大きな経済的損失をもたらすとして、たとえ雇用市場が苦しんでいても、インフレ率を2%に戻すことを決意している.

年末までに 2 回の Fed 会合がまだあり、調整の余地があります。

Oddo BHF の Bruno Cavalier 氏は、「需要を考慮し、最終的にインフレ圧力を緩和するために、FRB は少なくとも 2023 年初頭まで持続的なペースで引き締めを続けるつもりです」と書いています。 そして「これは成長の鈍化(おそらく景気後退)、住宅の急激な調整、失業の増加を意味するだろう」と述べた。

スイス国立銀行は、FRB に続いて 75 ベーシス ポイント引き上げて 0.5% とし、7 年以上続いたマイナス金利に終止符を打ちました。 ノルウェー銀行は、2011 年後半以来の最高水準である 2.25% への 0.5 ポイントの引き上げを発表しました。インドネシア銀行は、金利を 3.75% から 4.25% に 4 分の 1 ポイント引き上げました。

イングランド銀行は木曜日、持続的な英国のインフレの中で、主要金利を 0.50 ポイント引き上げて 2.25% にすると発表した。 これは大幅な増加ですが、予想を下回っていますが、英国経済は 7 月から 9 月にかけて 2 四半期連続で縮小すると彼女は考えています。

一方、トルコ中央銀行は木曜日に 2 か月連続で金利を 13% から 12% に引き下げ、トルコ リラは米ドルに対して史上最低値を記録しました。

潮流に逆らって、日本銀行 (BoJ) は木曜日に非常に緩和的な金融政策を維持し、金融引き締めの条件はまだ整っていないと考えた. しかし、3 月以降の対ドルでの円安を食い止めるため、財務省は 1998 年以来初めて外国為替市場に介入したと述べた。

米ドルは木曜日に 145 円を超え、146 円に近づきつつありましたが、現地時間 04:00 のケベック州からの日本の介入後、急上昇しました。 午前6時15分頃、143.02円で取引された。

ドルはユーロに対しても一服し、2002 年 10 月以来の最高水準である 0.9809 ドルまで上昇した後、1 ユーロあたり 0.29% 下落して 0.9875 ドルになりました。

スポーツ用品店のチェーン JD スポーツ (JD.L)は、7月に発表された生活費の危機の中で、3月30日に終了した時差のある上半期の純利益が20%減少して1億8450万ポンドになったと報告した後、午前6時30分頃に7.31%下落して114.80ペンスになりました。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。