棒倒し、この日本のスポーツは完全にクレイジーです!

この暴力的なスポーツは非常に壮観です! これは、主に陸軍士官学校の士官候補生によって行われる屋外の身体活動です。 しかし、このスポーツは、ゲーム「TaketheFlag」に似ています。

端的に言うと、このスポーツは暴力のためにいくつかの学校で禁止されていますが、 防衛大学校 [1945年以来存在しているこの伝統を継続します。また、棒倒しはもともと軍隊が兵士を訓練するために作成したものです。

ルールは非常にシンプルでありがたいことに、他の人が言うように、それは本当に「しつこい」スポーツです。 とはいえ、これは見るのがとても楽しいというメリットがあります。 棒倒しでは、150人の選手からなる2つのチームが互いに競い合い、それぞれが75人の選手からなる2つのグループに分けられます。 垂直に置かれた一種のマットを征服して救うために、2つの戦いが正方形で同時に行われます。

各チームの目標は、同時に攻撃しながら、土砂降りチームの猛攻撃から仲間を保護することです。 このため、各チームは2つのグループ(攻撃と防御)に分けられます。 フィールドに300人のプレイヤーがいて、フィールドの2つの異なるエリアにまたがって、混沌が支配しています!

ルールは、相手チームのマストを地面から少なくとも30度傾けることができた人がゲームに勝つと述べています。このルールは、当時45度で十分だった1973年に変更されました。 マストを保護するために、各チームは75人のプレーヤーをその周りに配置し、ベースを統合し、1人のプレーヤーをトップに配置します(悪いことです!)。

下のビデオでは、打撃の暴力を見ることができます。特に、相手を押し戻すことを目的とした打撃は、拳闘にならなければ許容されます。 しかし、棒倒しはラグビーと旗を掲げるゲームの組み合わせを彷彿とさせると言えます。

これが本物の棒倒しの試合です:

出典: 副ニュースゲント側

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です