歴史的な初演:無人コンテナ船が東京湾を航行

日本財団によると、彼女は自律型コンテナ船で東京湾と津市(三重県)の松阪港の間を790キロ往復することに成功した。 財団によると、この旅は、毎日多くの船が通過する東京湾のような混雑した水域での世界初の試みです。

この試験は、財団の自律航法プロジェクト「めぐり2040」の一環として、日本郵船グループの日本海洋科学が主導する約30社のコンソーシアムによって実施されました。 このプロジェクトは、海運および造船部門の代表者に加えて、NTTグループ、さまざまな気象情報サービスプロバイダー、船舶保険会社など、幅広い参加者の専門知識を活用しました。

船長のいない船は混雑した場所をスムーズに移動します

1日約500隻の船舶が利用する東京湾は、シンガポール海峡の50%、パナマ運河の10倍の活動を行っています。 彼らのプロジェクトのために、チームは すざく、長さ95メートルの749トンのコンテナ船。 多くの大型船には、特定の進路をたどることができる自動操縦装置が装備されていますが、自律型船舶には、衝突回避システムとドッキング機能もあります。 2月26日に東京湾で自動モードで安全に停泊した後、 すざく 1月の朝に出航する前に、湾を渡り、松阪港に隣接する一帯の水域に向かって航海しました(片道20時間の航海)。ああ 行進。 乗組員は時々手動制御を使用しましたが、衝突回避システムは、往路の場合の97.4%と復路の場合の99.7%でアクティブになりました。

「往路だけで、船は107回の回避操作を実行しました。 コースを変更するたびに、他の複数の船を回避することができたため、バイパスされた船の総数は400または500であると結論付けることができます」とコンソーシアムプログラムマネージャーの桑原聡はテストの肯定的な結果に言及します。

船の航行の自律性を確保するために、サーバー、コントローラー、およびその他の機器は、コンテナ内の陸上に設置されてから、船内に持ち込まれました。 すざく。 このプロセスにより、既存の船は大きな変更なしに自律性を達成することができます。


船尾の白いコンテナ すざく サーバーおよびその他の機器が含まれています。 (日本財団提供)

すざくの橋では、ハンドルの下にあるコントロールで船をリモコンに切り替えることができます。
の橋の上 すざくステアリングホイールの下のコントロールを使用すると、船をリモートコントロールに切り替えることができます。

土地支援ステーションはリモートコントロールを可能にします

試行の重要な特徴は、千葉に設置された土地支援ステーションの使用でした。 桑原を「空港管制塔」と比較し、「自律航法の商業的現実に欠かせないもの」と表現するこの駅は、気象、海、交通の情報を収集します。 また、機関室の運転状況や状況を監視し、緊急時に船舶を遠隔操作できるようにします。 これは、海から陸への通信リンクを含む真に包括的なテストでした。

海岸駅は千葉県幕張のテクノガーデンにあります。
海岸駅は千葉県幕張のテクノガーデンにあります。

エンジンと電気システムの動作を監視することに加えて、自律航法装置は異常が発生した場合にオペレーターに警告します。
エンジンと電気システムの動作を監視することに加えて、自律航法装置は異常が発生した場合にオペレーターに警告します。

陸上のリモートコントロールステーションの未来的なデザインは、若い世代のインスピレーションの源となるはずです。
陸上のリモートコントロールステーションの未来的なデザインは、若い世代のインスピレーションの源となるはずです。

テストは2月28日に実施され、その間、船は海岸基地から遠隔操作されました。 チームはなんとか指示を すざく伊勢湾から衛星リンクで約300キロ離れています。

桑原氏は次のように説明しています。「陸上支援ステーションでは、いつでも何千隻もの船を監視して支援することができます。 おそらく、クラウドコンピューティングの進歩により、いつの日か私たちの家から大型船を操縦できるようになるでしょう。 »»

桑原は船の速度を制御します。
桑原は船の速度を制御します。

夜間、画像ストリームは赤外線カメラから送られます。
夜間、画像ストリームは赤外線カメラから送られます。

最大の障害は法律です

Meguri 2040プロジェクトは、人手不足、海事労働力の高齢化、人的要因による事故の多発などの社会問題の解決策を模索し、2025年までに自律旅行を実現することを目的としています。 桑原氏によると、チームは「技術の商業化を促進するための措置を講じながら、調査中に特定された問題の解決に取り組むことを目指しています。 »»

実際、自律航法の規制や保険契約は、技術よりも開発に時間がかかっているようです。 ただし、乗組員の要件を緩和することで開始できます。 現在の形態では、海洋人事法は、自己完結型であるかどうかにかかわらず、700トンを超える船の橋に常に少なくとも2人を配置することを義務付けています。 これは、乗組員が8時間シフトで働く少なくとも6人のメンバーで構成されている必要があることを意味します。 自動回避機能を備えた自律航法システムの導入により、この要件を1人の存在に減らすことができれば、十分な船員が追加の船を乗組員に解放することができます。 技術の開発は、船員の不足を解決することを約束しているため、ますます緊急になっています。

朱雀の後ろにある白いコンテナには、自律航法システムが入っています。 内部には監視エリアとサーバーエリアがあります。
船尾の白いコンテナ すざく 自律航法システムが含まれています。 内部には監視エリアとサーバーエリアがあります。

3月14日、プロジェクトめぐり2040は、次の段階である強襲揚陸艦の自律試験に入りました。 この研究は、ファイブアイズコンソーシアムによって実施された6番目で最後の研究でした。

日本財団の宇野光幸氏は、次のように述べています。 この開発プロセスの結果に基づいて、国際海事機関などのさまざまな機関に提出する提案を作成します。 »»

うまくいけば、自動船は、エキスポ大阪2025での存在感で日本のウォーターシティを輝かせるでしょう。

スザクは、自律航海が完全に成功した後、東京湾に戻ってきました。
the すざく 完全に成功したセルフガイド旅行の後、東京湾に戻ります。

(報告書とテキストは、Nippon.comの橋野雪典による。特に断りのない限り、Nippon.comによる写真。バナー写真:乗組員が、岸のサポートステーションから離れた場所で船を操縦している。)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です