気持ちいい森林浴

昨日彼は牧草地にいました。 今日、幸せは森の中にあるでしょう。 彼女が生まれた日本では、科学的に証明された利点を備えた森林療法が発展しています。 フランスでは、このアプローチが盛んになり始めています。 ロワール川では、ソフロロジストのルクレセ・リチャードと、エネルギー療法、細胞記憶、バッハの花を専門とするクリステル・ペイエが木工品から取っています。 一緒に彼らは夏の間フォレ平野とその周辺で洗練されたエネルギッシュな散歩を提供します。

5月の土曜日の朝日、バード周辺の緑豊かな田園地帯に飛び込み、一緒に森林浴をしました。 もちろん、スニーカーとバックパックが推奨される場合、これは組織的なハイキングではなく、感覚的な体験です。 「目標は、楽しんで呼吸を再調整することです」とChrystelle氏は述べています。 私たちが自然と再接続するとき、私たちは自分自身と再接続します。»

「あなたの内外にあるものを聞いてください」

この会議には7人の参加者が登録しています。 誰にとっても初めての体験。 「頭をすっきりさせる」人もいれば、自然の恩恵をすでに知っているので「行くのが好き」な人もいます。 「私たちの生活は非常に混乱しているので、私たちは減速し、私たちの内外で起こっていることに耳を傾けることを学ぶ必要があります」とルクレツィアは示唆しています。

小グループはゆっくり歩き、観察し、耳を傾け、感覚が目覚めます。 時々、LucreceとChrystelleは運動をリードするために立ち止まります。 いくつかは歩行を強調し、最初は呼吸器であり、2番目はアフガニスタンの歩行です。 「考えを閉じてください」とルクレツィアはアドバイスします。 振動する昆虫の鳴き声、鳥のさえずりだけがこれらの考えを乱し、徐々にパレードを止めます。

個々のワークショップ間で少しフィードバックが必要です。 「あなたは自分の感情を妨げてはいけません、あなたはそれらを手放すべきです。 遠慮なくあなたの気持ちを表現してください。それは判断なしに歓迎されます」とLucrèceは言います。

3番目の演習では、森の木々と接触します。 あなたに彼らの枝を伸ばすのは彼らです。 「腕をそれらに巻き付けるか、額を下に置くかのどちらでも、さまざまな位置で実験したり、木を切り替えたりすることができます」とChrystelle氏は言います。 発見した部族を優しく抱きしめる人もいれば、その振動とエネルギーを養うために背中を平らにする人もいます。 そして、それは本当です、これらの木の近くで人は気分が良く、心は空になり、心は明るくなります。 森を後にする時が来ました。 後悔して。 旅はまだ終わっていません。 いくつかのエクササイズはまだピクニックの前に参加者を待っています…木の下で。

6月11日土曜日、7月9日、7月25日月曜日、8月29日午前9時に、フォレ平原とその周辺を歩きます。 情報:06.11.37.59.24または06.85.87.19.60。 価格:€30

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です