江戸時代の銭湯に浸る

価格変動のある銭湯

最初の銭湯(銭湯)1591年に古代東京の江戸に登場。 文書によると 物語物語 (「心に浮かぶ物語」)、この場所は、現在首都の主要なビジネス地区の1つである大手町になっている伊勢与市によって開かれました。

かつては、お風呂の熱と蒸気が強すぎて窒息していました。 施設内で呼吸したり、目を開けたりすることさえ困難でした。 それでも、気温が調整されたせいか、訪問者数が増え、江戸時代の都市生活に欠かせないものになりました。

銭湯には弓矢の看板が時々見られました。 あなたはそこで読むことができます ゆみいる「弓で矢を放つ」という意味で、音節に近い表現 ゆにいる、「トイレに入る」。 これらの錠剤は、江戸時代の終わりに向かってますます希少になりました。 1830年頃、紺色の布の小さなカーテンが呼ばれました のれん (レストランの入り口にも見えることもあります)「男性」「女性」「お風呂」の看板が書かれているところが一般的でした。

通常、入り口は10でした 私の 大人向け(1日 私の 本日12円相当)。 しかし、1841年から、当時の幕府はこの率を8に設定しました。 私の 6歳からの大人向け 私の 子供と4から 私の 幼児向け。 (これらの価格は、この記事の表紙のイラストに示されています。)

このイラストの作者であるイラストレーター兼ライターの守貞謾は、19世紀の日本の都市のマナーや習慣を描くのが好きでした。e 世紀。 熱心な観察者である彼は、1862年から1863年頃の薪の価格の急激な上昇により、公共浴場への入場料が上昇し、元の価格である12に戻ったことを観察しました。 私の

当時、アメリカのマシュー・ペリー提督が国を開いたため、多くの消費財がより高価になりました。 幕府の崩壊は、1860年3月24日の政府の偉人の一人である井伊直弼の暗殺などの悲劇的な出来事によっても特徴づけられます(タイロ)と薩摩藩(現在鹿児島県)の武士による1862年9月14日のイギリス商人のそれ。 このイベントは現在、生麦事件として知られています。

1865年にレートはさらに16に増加しました 私のその後24 私の 翌年、政情不安が価格変動を悪化させるだけだった。 守貞謾の年代記はこの時期にさかのぼります。

江戸の銭湯はどんな感じでしたか?

森定のスケッチの中には、首都江戸の銭湯の計画があります。


首都江戸の銭湯の計画:(1) ホームタウン土間床のエントランスエリア、(2)銭湯施設のスタッフの場所、(3)更衣室、(4)トイレの場所、(5) ざくろ口、お風呂への入り口と(6)お風呂。 からの抜粋 モリサダ欠乏症森定原稿(国立国会図書館提供)。

施設スタッフの居場所を超えて、お風呂は左側が男性エリア、右側が女性エリアに分かれています。 それ以来、更衣室とシャワーの配置はほとんど変わっていません。

違いは ざくろ口、トイレとお風呂自体の間のスペース。国語辞典 ざくろ口 江戸時代の銭湯への入り口と定義されています。 天井は特に低く、お客様は天井を横切るためにかがむ必要がありました。 このように、バスルームは、バスルームに入る前に全員が洗う別々の部屋のように感じました。

森定は彼の作品の中で、大阪の集落の入り口と首都の江戸の入り口の違いを記録しています。

大阪(左)と江戸(右)へのざくろ口入口。 モリサダマンコ(「モリサダ写本」)からの抜粋(国立国会図書館提供)。
入り口 ざくろ口 大阪(左)と江戸(右)。 からの抜粋 モリサダ欠乏症森定原稿(国立国会図書館提供)。

そのため、最初の銭湯は西日本に建設されました ざくろ口 大阪のは、朱色のペディメントと花の彫刻が施された、かなり豊かなスタイルの年代順の最初のものです。 首都の江戸への入り口は、より落ち着きがあり、柱廊玄関を彷彿とさせます 鳥居 神社。

上の写真には、風景と人々が写っています。 ただし、詳細を区別することは困難です。 今日、富士山はよく描かれています 銭湯 しかし、これは20世紀の初めからのケースでした。e 世紀。 証拠として、森定は彼の作品の中で日本の神聖な山の描写の存在について一度も言及していません。

作品 けんぐいりごみ銭湯しんわ (「新しいお風呂物語に知恵と狂気が混ざり合った」)は、森定の約50年前に生まれた山東京伝が1802年に書いたもので、江戸の銭湯にも描かれています。


山東京伝の男性専用風呂の一部(国立国会図書館提供)の山東京伝の「知恵と狂気の混合」。
お風呂の一部は男性専用です(本の写真 けんぐいりごみ銭湯しんわ、「新しい入浴物語に混じった知恵と狂気」山東京伝)。 上の写真は ざくろ口下の方は入浴エリアに面しており、トイレエリアにはバケツが見えます(国立国会図書館提供)。

西洋風の切妻の存在に注意してください ざくろ口 ; 彼らは、このスタイルが19世紀初頭の江戸でまだ一般的であったことを証明しています。e 世紀。 半世紀後、切妻はアーケードに道を譲りました 鳥居

しかし、バスルームエリアは低く、窮屈で暗く、それとは大きく異なりました 銭湯 今日は広々としてオープンで明るい。 しかし、裕福なクラスであろうとなかろうと、日本人はそこに来て日光浴をするのが好きでした。

銭湯での男女共学禁止

森佐田は作品の中で、江戸では混浴が普及していると読んだと書いています。 幕府の上級顧問である松平定信は、風呂を分けるように命じましたが、確かに 銭湯 江戸時代の多くの期間に混合されました。

貞信が始めた寛政時代(1787-1793)の改革は、銭湯での男女共学を禁止した。 禁欲を主張し、あらゆる形態の余暇に反対した後者にとって、男性と女性が一緒に入浴したという事実は、公衆道徳に反しました。

彼の追放後、いくつかの公衆浴場は再び男女共学になったと伝えられています。 しかし、天保時代(1831-1845)の改革は再び厳格な規則を課し、男性と女性の風呂は完全に分離されました。

豊原国周の「はだきそいはのしょうふゆ」(1868年)は、女性の架空の入浴シーンを描いたものです。 右上では、男性がトイレの使用を手伝っています(国立国会図書館提供)。
作品 はだきそいはのしょうふゆ (「女性風呂での裸花のライバル」)豊原国周(1868)は、女性風呂の架空のシーンを描いています。 右上では、男性がトイレの使用を手伝っています(国立国会図書館提供)。

十分なスペースがなく、男女を隔てることができない場合は、女性専用の場所を1か所だけ確保することができます。 古典落語の話で ゆやばん (”Der Bademeister”)、で働く毅然とした商人の息子 銭湯 それを女性のために予約されたスペースに変えることを夢見ています。それは彼女が彼女の場所から彼女の選択の場所を持つことを可能にするでしょう。

静岡県両仙寺の絵は、幕府末期の混浴を表しています。 特徴的な大阪と京都の切妻で飾られた入浴エリアと混合トイレエリアがあります。 この寺院は、1858年に日米間の友好貿易条約が調印された場所です。 この絵は外国人が描いたと言われています。

そのため、江戸の外では、首都で禁止されている間、風呂は混ざり続けていました。 この伝統は今日でも日本の一部の地域で続いています。

守貞謾が書いた江戸日本に関する記事

(から撮影したタイトル写真 森定原稿国立国会図書館の礼儀)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です