沖縄では、米軍基地の存在に対する2つの新聞の闘争

東京からの手紙

50日の前夜にe 5月15日に日本列島が日本列島に返還されてから記念日、米軍基地が集中しているこの南列島には苦味が支配している。 ビッグプレスの戦闘力が低いことが多い国では、2つの地方紙が 沖縄タイムス琉球新浦 (「琉球からのニュース」)それにもかかわらず、聴衆と広告主の競争相手は同じ編集ラインを持っています:平和主義、日本の国際紛争の解決における武器の使用を禁止する憲法の改正への反対、そして無視を批判する中央政府による沖縄の意見のために。 どちらも、アメリカの軍事基地の存在との戦いの先頭に立っています。

1951年4月28日に調印されたサンフランシスコ条約は、日本の主権を回復し、沖縄をアメリカの管理下に置いた。 1879年に小さな独立した繁栄した琉球王国を併合した東京の裏切りとして認識された仕事。 沖縄は1972年に日本の支配に戻る前に27年間アメリカの占領下にとどまりました。 しかし、基地は耐え、今日、日本に駐留している48,000のGIの70%を収容していました。 沖縄は、群島における米軍のプレゼンスに最も高い代償を払っている部門です。

また読む: 購読者のために予約された記事 沖縄のアメリカ基地をめぐる論争の中心にある都市、名護での日本政府の成功

地元のマスコミは、日々の闘いを先導することにより、住民の不満を反映しています沖縄タイムス、特集:編集委員に女性がいるのは日本で唯一の日刊紙です。 米嶺和恵は、1990年代初頭にポストを務めた結衣明子に次ぐ2番目の編集長です。 神戸シムパン しかし2018年以降M自分 米嶺は、日本のマスコミでそのような地位を占めている唯一の人物です。 彼のキャリアは簡単ではありませんでした。

「恐れと怒り」

「沖縄での生活水準は日本で最も低く、結婚している女性でさえ、女性の大多数は常に働いてきました。 彼女はとのインタビューで説明した 世界。 ですから、ジャーナリストとして応募したとき、彼らが差別されていることに気づいていませんでした。 沖縄タイムス。 私は1990年に3回目の試みをした後、他の4人の女の子と一緒に雇われました。 »»

当時警察を担当した部門の記者だった校正者は、夜、すべて男性の世界で自分自身を見つけました。 「シャベルを手に入れるために警察と一緒に飲む」。 彼女は女性だったので、上司は彼女が情報を入手しやすいだろうと考えました。 「ある日、私は故障し、うつ病から抜け出すために6か月の休憩を取らなければなりませんでした。 »» 編集部に戻った後、社会部に配属され、ジャーナリズム賞を受賞した貧困調査などを実施し、米軍基地の問題を調査した。

この記事の48.4%をまだ読む必要があります。 以下は加入者専用です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です