熱波に見舞われ、東京は節電しなければならない

公開日:

その広大な郊外のように、東京は6月26日日曜日以来前例のない6月の熱波に見舞われました:日陰でほぼ40度。 このような背景から、日本の首都の現在のモットーは、どんな価格でも電気を節約することです。

東京の特派員と

巨大な停電である「停電」を回避するのは、日本の首都の住民次第です。 それは4000万人の住民を暗闇に陥れ、日本人の3人に1人近くになります。 具体的には、自宅のエアコンを28度以下に設定しないように指示します。

►また読む:日本:電力消費量を削減するための呼びかけ

日が沈むとすぐに、行政の職員は光なしで働き、彼らのコンピューターのスクリーンだけが彼らを照らします。 市内中心部にはもはや照明がなく、主要な交差点を飾る有名な巨大なビデオスクリーンはオフになっています。 店舗や公共交通機関では、ドリップが多すぎてエアコンが止まっています。 そして、駅やショッピングモールでは、多くのエスカレーターが立ち止まっています。

発電所に被害を与えた地震

この大きなエネルギー危機への恐れはどのように説明できますか? 第一に、日本は、地球温暖化と戦うという国際的な公約を果たすために、いくつかの石炭火力発電所を閉鎖しました。 地球に非常に有害な植物。

この冬も 大地震 まだ稼働していて資本を供給している発電所のうちの2つに損害を与えました。 そして、再生可能エネルギーに関しては、群島はかなり遅れをとっています。 そのため、電源を風や太陽に頼ることはできません。

特に、2011年3月の福島第一原発事故後、多くの世論の反対の中で、日本はまだほとんどの原子炉を再起動していません。 このような例外的な気候イベントが発生した場合、国はエネルギー供給に関して綱渡りをしています。

調査対象の東京市民は、自分たちを危険にさらすまで電力を節約することは不可能です。 温熱療法で入院した高齢者や子供は数え切れないほどあり、「 熱射病 「そして、彼らが言うように。そして、私たちは一定のストレスを感じます、そして正当な理由で:日本人の29%は65歳以上であり、世界記録です。したがって、彼らは熱波に対して非常に脆弱です。交換用バッテリー-例えばスマートフォン用。またはPC–懐中電灯、あるいは珍しいものとしての単なるろうそく首都圏が効果的に無力化されている場合、その住民が管理するのは複雑になります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。