牛肉の輸出を増やすための米国のストライキ協定

バイデン政権は木曜日、現在のように関税を自動的に引き上げることなく、米国産牛肉の日本への輸出量を増やすことで東京と合意に達したと発表した。

「」日米合意に達した米国通商代表(USTR)のキャサリン・タイと農務長官のトム・ビルサックはプレスリリースで述べた。 これにより、これらの輸出の関税が25.8%から38.5%に上昇するしきい値が可能になると、USTRの関係者はジャーナリストに語った。 したがって、米国は適度な関税を維持しながら、より多くの牛肉を日本に輸出することができ、合意は「勝つ勝つ「。」新しいメカニズム(…)により、米国の輸出業者は、高品質の牛肉に対する日本の需要の高まりに対応し、日本が将来より高い関税を課す可能性を減らすことができます。「、プレスリリースは言います。 USTRの関係者によると、2021年3月に基準値に達し、日本の会計年度末である4月30日まで関税が自動的に引き上げられ、両国間の協議の開始が早まったという。

木曜日に発表された合意は、テキストが完成すると発効します。 USTRの数値によると、米国は世界一の牛肉輸出国であり、2021年の売上高は日本の24億ドルを含め、100億ドルです。 両国は2019年10月に貿易協定に署名しましたが、それはまだ有効です。 日本は牛肉を含む米国の農産物の関税を70億ドル引き下げ、ワシントンは緑茶や醤油などの日本の農産物の関税を4000万ドル引き下げ、日本牛肉の関税を4000万ドル引き下げることに合意した。 ドナルド・トランプ前大統領は、2期目を求めて、中国との貿易戦争によって厳しく罰せられた農業界の怒りを引き出しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。