物議を醸す安倍晋三の国葬が始まる

これは、日本では全会一致とはほど遠いイベントです。 暗殺された安倍晋三元首相の国葬は火曜日、夫の遺灰が入った壷を持った未亡人が東京に到着して始まった。

黒い着物に身を包み、午後2時頃(パリの午前7時)に岸田文夫首相代行に出迎えられた安倍昭恵は骨壷を持って日本武道館へと向かった。数千人の国内外の著名なゲストの前で。 しかし、ここ数週間でこのイベントが多くの論争と抗議を引き起こしたため、聖なる組合はこの国では見えません.

「月教団」をめぐるスキャンダル

安倍首相は、日本の現職の首相としては長寿記録を更新しました (2006 年から 2007 年および 2012 年から 2020 年に 8 年半以上)。 彼は国際的に最も有名な日本の政治家でした。 7月8日、67歳で集会の最中に銃弾で暗殺された事件は、日本はもとより世界に衝撃を与えた。

しかし、安倍首相はまた、超自由主義的でナショナリスト的な見解、憲法改正への願望、および多くの政治的および財政的スキャンダルへの近さのために、多くの人に嫌われていました. 安倍首相の殺人容疑の背後にある動機 – 安倍首相と「月の宗派」と呼ばれる統一教会との関係 – は、前首相のイメージをさらに傷つけた.

彼の死後、その教会と国会議員の間のつながりの程度についての啓示が続いており、特に以前は安倍首相が率い、現在は現首相である文雄氏が率いる自民党 (PLD) からのものである. この夏以来、その悪名は溶けました。

したがって、国葬を行うという岸田文雄の性急で一方的な決定は、議会で議論され、承認されるべきだったと信じている野党を激怒させた。 いくつかの野党は式典をボイコットするだろう。 政治家に対するこの種の栄誉は日本では特に珍しく、最後のものは1967年にさかのぼります。式典の推定費用は1200万ユーロに相当し、いらいらさせられます。 最新の調査によると、日本人の約60%がこの国葬を拒否しています。

ニコラ・サルコジが代表するフランス

外国の要人 700 人を含む約 4,300 人が、宗派に関係なく 1 時間半の式典に出席します。 大砲を 19 発発射する必要があります。 国歌斉唱と 1 分間の黙祷の後、いくつかの賛辞が述べられます。

徳仁天皇と雅子妃は、政治的に中立な国の象徴としての地位を理由に出席していませんが、他の皇室のメンバーは出席しています。 外国からのゲストには、米国のカマラ・ハリス副大統領とインドのナレンドラ・モディ首相が含まれます。 フランス代表はニコラ・サルコジ。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です