独占:議員がトヨタの取締役会のロビー活動を引用した後、日本は政策文書でハイブリッドを強調した。

「電気自動車」への言及の追加を含む言い回しの変更は、化石燃料を動力源とするハイブリッド車をゼロエミッションのバッテリー車と同一視しているように見えますが、環境保護論者は大きな違いがあると言います。

日本の自動車産業、特にトヨタ自動車は、バッテリー式電気自動車の採用が遅れており、政府にこれらの自動車への移行を弱体化させるよう圧力をかけていると言う環境保護主義者やグリーン投資家からの圧力にさらされています。

甘利明元産業相で自民党(LDP)の長年の党員である甘利明氏は、6月3日の会合で政府の年次経済政策ロードマップの変更を求め、メモと音声によると、前日に豊田明夫氏と話をしたと述べた。ロイターによってチェックされた録音。

豊田は日本自動車工業会(JAMA)ロビーの会長であり、トヨタの会長でもあります。

自民党の政策会議でのメモと音声によると、「昨日豊田大統領と話をしたところ、JAMAはハイブリッドに反対する政府を支援できないと言った」とアマリ氏は語った。

水素から作られたような合成燃料を使用すると、ハイブリッド車は「100%クリーンエネルギー」の車になり、政策文書はそれを明確にする必要があるとアマリ氏は述べた。

「はっきりと言わないと、JAMAは復讐を果たすだろう」とアマリはメモと音声で言った。

「ハイブリッド車が電気自動車のカテゴリーに入ると言わない限り、見栄えは良くない」と彼は言い、電気自動車への言及は「いわゆる自動車」に変更されるべきだと付け加えた。

アマリはロイターに、電気自動車がバッテリー駆動車に限定されず、ハイブリッド車を含むことを明確にするために「いわゆる」を含めるよう求めたことを確認した。 彼は、他の変更を要求していなかったと付け加えました。

彼は豊田に話しかけたことを確認した。

「豊田氏が言おうとしているのは、合成燃料で走るハイブリッドは非常に燃費が良いので環境にやさしいということです。 彼は、ハイブリッドが拒否された場合、彼は非常に動揺するだろうと述べました。 それが彼が私に言ったことです。 彼は自民党がハイブリッドに反対するかどうか尋ねました、そして私はそうしないと言いました。」

アマリ氏はロイター通信に対し、合成燃料を開発することで、自動車メーカーはゼロエミッションの内燃機関を生産できるようになるだろうと語った。 これらの燃料は、バッテリー電源で走行できない航空機でも使用できると彼は付け加えた。

ロイターの声明の中で、JAMAは、自動車業界は2050年までにカーボンニュートラルになるという目標を達成するために懸命に取り組んでいると述べた。 目標はカーボンニュートラルであるため、特定の技術に限定するのではなく、オプションを拡大することが重要であると彼女は述べた。

また、各国や地域の顧客のさまざまな状況やニーズに対応する必要があると彼は付け加えました。

トヨタのスポークスマンはロイターをJAMAに紹介した。

脚注

オンラインで入手できるこの文書の最終版は、2035年までに国内のすべての新車販売を「電気自動車」にするという日本の目標に言及しており、本文ではこれらの自動車にハイブリッド車が含まれると具体的に述べています。

5月31日付けの以前のバージョンもオンラインで入手可能で、脚注のハイブリッドのみを参照しています。 本文では、2035年の目標はすべての新車販売を「電動車」にすることであると述べています。

年次政策文書は政府にとって非常に重要であり、政府の将来の政策の枠組みとして機能します。

世界で最も売れている自動車メーカーであるトヨタは、内燃機関ではなく化石燃料が問題であると述べた。 彼が20年以上前にプリウスで普及させたハイブリッドに加えて、彼は水素技術の支持者でもありますが、それはまだバッテリー式電気自動車と同じ成功を収めていません。

エネルギーと気候のシンクタンクであるInfluenceMapは、公の声明や政府との交流を含む気候政策のロビー活動で、トヨタを大手自動車メーカーの中で最悪にランク付けしました。

同社は年金基金を含む自社投資家からのロビー活動で批判されている。 デンマークのファンドAkademikerPensionは、昨年、トヨタの株式のほとんどを売却しました。

トヨタは昨年、2030年までに自動車の電動化に8兆円(600億ドル)を投資することを約束し、その半分は二次電池式電気自動車の開発に充てられる。 しかし、同社はこれらの車の年間販売台数が10年の終わりまでにわずか350万台に達すると予測しており、これは現在の販売台数の約3分の1です。

ハイブリッド車は、インフラストラクチャがバッテリー駆動車へのより高速な切り替えをサポートする準備ができていない市場で有用であり、顧客はよりクリーンなテクノロジーの選択肢を増やす必要があると彼は言います。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。