独占-ドラフトテキストによると、日本はG7宣言からゼロエミッション車のターゲットを削除することを推進しています。

裕福な7カ国グループの有力なメンバーである東京からの圧力は、日本の自動車産業がゼロエミッション車の導入が遅れており、より速い車を許可する規制に反対するキャンペーンを行っているというグリーン投資家からの監視下にあるためです。このテクノロジーへの移行を奨励します。

ロイター通信は先週、トヨタ自動車の長が日本政府にロビー活動を行い、ミッションのないバッテリー式電気自動車と同じくらいハイブリッド車をサポートしていることを明らかにしたと報じた。 G7の指導者たちは、気候変動が議題になっているサミットのためにバイエルンアルプスに集まります。

ロイターがレビューした声明の草案によると、日本は「2030年までに少なくとも50%のゼロエミッション車の集合的目標」への言及を削除することを提案した。

代わりに、彼は「ゼロエミッション軽自動車の販売、シェア、採用を大幅に増やし、メンバーがそれらの目標を達成するために取っている道の幅を認識する」というあまり具体的でない目標を提示した。

この件に詳しい人は、日本が変更を提案したことを確認したが、問題の敏感さのために特定されることを拒否した。 提案された変更が、火曜日のサミットの終わりにリリースされる予定のコミュニケの最終バージョンになるかどうかは明らかではありませんでした。

日本の外相は、すぐにはコメントできないと述べた。

自動車産業は多様な可能性を望んでいます

これとは別に、日本は、議論に詳しい筋によると、5月下旬のG7気候大臣の声明で、2035年までにG7諸国での自動車とバンのすべての新規販売を「ゼロエミッション車」にするよう求めていた。ロイターのドラフト声明で見られる。

最終的に、2035年の目標は最終コミュニケに含まれず、代わりにミッションゼロの車両販売を「大幅に増加」させることで「2030年までに高度に脱炭素化された道路セクター」を達成することを約束しました。

ロイター通信は先週、トヨタ自動車の長が日本政府に、化石燃料を燃やすハイブリッド車とゼロエミッションバッテリー電気自動車をサポートすることを明確にするよう圧力をかけたと報じた。

日本の自動車産業ロビーと大手自動車メーカーのトヨタは、自動車メーカーは特定の技術に制約されるべきではなく、2050年までにカーボンニュートラルを達成するためにさまざまなオプションを維持しなければならないと述べています。

世界で最も売れている自動車メーカーであるトヨタは、内燃機関ではなく化石燃料が問題であると述べた。 彼が20年以上前にプリウスで普及させたハイブリッドに加えて、彼は水素技術の支持者でもありますが、それはまだバッテリー式電気自動車と同じ成功を収めていません。

エネルギーと気候のシンクタンクであるInfluenceMapは、公の声明や政府との交流を含む気候政策に関するロビー活動で、トヨタを主要な自動車メーカーの中で最悪にランク付けしました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。