生産と革新が出会うとき

その言葉遣いは、農業大臣の正式な称号にも忍び込んでいます。 タイトルの食品という言葉に取って代わった食品主権は、政治の誰もが口にするものです。 この問題を浮き彫りにした最近の危機を考えると、新しく任命されたマーク・フェスノーはこれを思い出しました。 「」主権の問題は解決された問題だと思っていたかもしれませんが、ウクライナの危機と気候問題は、主権が解決された問題ではないことを示しています。「旅行中に新たに戴冠した大臣は説明した。質問は2019年以来より緊急であり、多くの地域と同様に、健康危機は当局が問題を明確にテーブルに置いたという加速的な影響を及ぼした。

マクロンは農産物品評会でヨーロッパの食糧主権と新しいCAPを擁護します

プロヴァンスアルプコートダジュールでは、この地域はこのトピックのパイロットエリアになりたいと考えています。 「」私たちはほとんど何でも生産できる機会があります「自治体内の農業担当副社長であるベネディクト・マーティンは説明します。アルプスから地中海まで、プロヴァンスアルプコートダジュール地域は理想的な場所のようです。しかし、農業食品の経済的多様性も57.9%です。 シンクタンクユートピアによる研究。 スコアが低いのは、グランエストとイルドフランスだけです。 報告書はまた、コルシカ島とオーヴェルニュ=ローヌ=アルペスのある南部は、その生産の100%がそれに捧げられた場合、地元の消費を支えることができなかったことを指摘しています。 「」私たちは100%自給自足になることは決してありません、アイデアは窮屈になったり自給自足になったりすることではありません「しかし、ベネディクト・マーティンは明らかにしています。 たとえば、この地域は特定のプロジェクトでオクシタニアと協力しています。」私たちは同じツールを持っていませんが、一貫した位置を保つようにしています“。

非常に多様な領土生産

「」私たちが食料自給自足の領域について話すとき、これはそれが合理的である限り、地域を越えて拡張することができる用語です。‘氾濫したドミニク・サスーンは、EELVラベルの下で選出され、この地域の食糧主権に関するPaysd’Aix市民社会諮問委員会の調査の報告者でした。 なぜなら、現地生産について話すとき、明確な定義はないからです。 主権という用語によって、私たちは何よりも、フランスが成長するものを支配することをフランスに任せることであると理解しています。」ウクライナでの戦争は蟻塚に入り、人々は私たちが他人に依存していることに気づきましたブーシュ・デュ・ローヌ農業会議所の会長であるパトリック・レヴェックは言います。

地域によって特定された課題の中で、領土セクターの構造化は際立っています。 その25ページの研究では、Pays d’Aixの市民社会が状況を把握し、状況を変える方法を提案しています。 「」さまざまな地元の製品(蜂蜜、園芸農業、イワシ、アンチョビ、 サバ、オリーブ、ナッツなど)、グループは、非常に水を大量に消費するトウモロコシなど、その地域に適さない作物を禁止することを推奨しています。 すべての動物性タンパク質を植物性タンパク質に置き換えることなく、グループは、植物性タンパク質(レンズ豆など)の地元での生産を開発するというアイデアを提案します。 変身”、 そこで読んだ要約すると、ドミニク・サスーンは「気候に適応した生産“。

イノベーションの役割

生産の発展は、領土農業の変革における重要な要素です。 イノベーションも役割を果たします。 これは、プロヴァンスで開催されるファーマーズフェアで証明されています。このフェアは、現在3年目にイノベーショントロフィーを上演しています。 「」それは常に適応している職業です、それが他のプロジェクトのための機関車として役立つことができるので、私たちはこのタイプのアプローチに注意を払います。「具体的な例を挙げているPatrickLevequeは次のように説明しています。」日本では、機械を使用すると、播種せずに稲の苗を植えることができ、2か月の水を節約し、より弾力性のある植物を育てることができます。“。

また、Paysd’Aixの市民社会の報告書は次のように推奨しています。特に専門的でクラスター化された新興企業を通じて、生産、コミュニケーション、マーケティングの革新を刺激する“。または、大人と子供の間で良いアイデアを発芽させる方法…