百人以上の来場者

ヨーロッパ遺産の日を記念して無料でオープンした中世ディスカバリー センター (CDMA) は、週末に 100 人以上の訪問者を迎えました。

主に部門からの一般市民は、常設展示を構成する5つの部屋、中世の庭園、真新しいマイクロフォイル装置を備えたインスタレーションに魅了されました.

魅力的なデジタル訪問

デジタル博物館の発見に多くの訪問者が魅了されました。 ヘッドセットとタブレットを使用して、CDMA の責任者で Micro-Madness の仲介者である Marina Maubert が選んだコレクションを鑑賞することができました。 土曜日はメキシコとヨーロッパの王宮、日曜日はケベックと日本で、訪問はそれぞれのペースに合わせて調整されます。 ユーザーは、ピースを組み合わせたパズルなど、利用可能な追加のリソースやゲームを利用できます。

バーチャル リアリティ ヘルメットにより、ノートルダム大聖堂を散策することが可能になりました。 3Dプリンターの操作方法についても、Micro FolieのアニメーターであるGeoffreyさんから説明がありました。 デジタル以外の活動も忘れられず、器用さと速度のテスト、そして解決すべきパズルが、この 2 日間のエンターテイメントと文化を締めくくりました。

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です